「しんとく新そば祭り」 に行ってきたぞ!

2014新得そば祭り

なんだか、書き込みのタイトルが、どっかの 「ゆ~ちゅ~ば~」 みたいに

   「○○してきたぞ!」

というのが多くなってきた気が・・・。(汗)



さて、すでに先週の話なのですが、新得町のそば祭りに行ってきました。

そば祭りは毎年、鹿追町の祭りに行っているのですが、
今年はかみさんの希望もあって、今まで避けていた新得に。
別に新得が嫌いなわけじゃなくて、この祭りは有名なので人がすごい多いんだよね。

この時期の新そばは間違いなく美味しいので毎年楽しみにしているわけですが・・・・・・・・


   「やっぱりすごい人ゴミでした。」


250円の小さいカップの蕎麦を食べるのに1時間10分も並びました。

帰りの駐車場から出るのにもずいぶんと時間がかかりました。

まあ・・・・蕎麦は新そばですから、まあ・・・美味しかったですけど、




   「次はないかな。」(苦笑)




続きを読む

ナイタイ高原に行ってきたぞ!

ナイタイ3

以前から長女が行きたいと言っていた 「ナイタイ高原牧場」 に行ってきました。
ここに来るのは20年以上ぶりかも?

昔、バイクで来て、遠くの風景を観ながらエンジンかけようとキックを蹴ったっけ、


    「ロー入っちゃって もうウイリーさ。」(笑)


ほぼ大泉洋ちゃん状態で、そのまま牧場の柵のバラ線に突っ込んでって、
うちに帰って服脱いで見たら、肩にバラ線の跡がついてしまったという苦い想い出があります。

ナイタイ1

昔とは展望台までの道路が違うんですね。 観光道路と作業用道路を分けて付け替えたみたい。
以前の細道をクネクネのんびりした感じも良かったですけど、まあ、これが普通でしょうね。

もちろん展望台からの風景は絶景です! ここは十勝観光のなかでも絶対のオススメです。

ナイタイ2

さて、山を降りてからは昼飯に。 士幌の 「ブーオ」 というというお店。

士幌って町は北海道の田舎町なのにどうも道がわかりにくくてね~。
でも去年、生まれて初めてカーナビが付いた車を買ったので、ナビどおりに何度も交差点を曲がりながら到着。

ここは家具工房もやってるんですね。 店で使っているテーブルもお手製のもの。
なかなかシンプルで使いやすそうなテーブルやデスクでしたよ。

ブーオのサンド

さて、当blog管理人はサンドウィッチを、長女は玄米のリゾットを、
かみさんはなんだかパンのなかに具が詰まっている不思議なものを注文。

当blog管理人のサンドウィッチはとっても美味しかったです。
特にポテトサラダのとフワフワのオムレツのがすごい美味しかった!

ブーオの

これが、かみさんのですが、"ブースパ" だっけか??
自家製パンの中にナポリタンパスタやサラダがぎっしり入っていてこれもなかなか美味しい!
(対面から撮ったのでパスタが写ってないし、汚いティシュも一緒に写ってしまいました。)
けっこうなボリュームでお腹いっぱいになってしまったようです。

ちなみにブレンドコーヒーも美味しかった。
帰りにはおとなしい良い子の黒のラブラドールレトリバーが見送りをしてくれました。


蕎麦 花・はな

はなはなの蕎麦

十勝の中札内村ってところには、美味しい食事ができるお店がそこここにあって、
景色が良くって、卵と鶏肉、枝豆が美味しい、我々夫婦が大好きな場所です。
車で30分くらい走って、ちょいちょい遊びに行くのですが、

その中でもいちばん回数行っているのが中札内の道の駅にあるお蕎麦屋さんです。
道の駅にある食事処にしては、期待以上の美味しさなんですよ。

太めに切った蕎麦が歯触り良く、しかもふわっとしていて、
この噛み応えの感触がかなりの好印象を感じるのです。

お店の建物もどっかの商家を移築してきたんだっけか?
なかなかの趣です。

おすすめできます!!


釧路に行ってスパカツ食ってきた。

スパカツ

釧路にいる弟家族のところに日帰りで遊びに行ってきました。

天気も良く、見渡す太平洋はベタなぎ。 新車でのドライブは快適でした。

ちなみに、かみさんは "超" の付く晴れ女。 当blog管理人と長女は雨男と雨女。



さてさて、釧路には仕事で来ることはあっても、遊びに来るのは20年ぶりくらいかも?!

今日は釧路の名物を食べるのも目的のひとつです。 釧路と言えば "釧路ザンギ" が有名ですが、

最近、有名になっている "スパカツ" なるものを食べてきましたよ。



熱々の鉄板の上に太めのパスタがどっさり乗っていて、その上にさらにトンカツが乗っているという代物。

若干甘めのミートソースがかかっています。

普通盛りでもすっごいボリューム! 大盛りを注文しているお客さんもいたけど破壊的な量に見えました。(笑)

それも普通のおじさんが食べてるんだよね。 釧路の人って大食いなんだろうか。。。



   「お味の方は・・・・・・・・けっこうイケます。」



まあ、所詮ミートソ-スなんだけど、さくさくのトンカツと意外と合います。

まあ、すごい美味いってほどでもないけど、B級グルメとしてはなかなかの美味しさでしたよ。

ただ・・・・・・・B級グルメにしては、値段が900円と高め。 680円くらいだったら、また食べたいな。

でも、お店は超満員で、おじさん・おばさん方がガツガツ食ってましたねえ。(笑)


タンチョウ

観光は、釧路市丹頂鶴自然公園に行ってきました。

タンチョウが飼われているだけの施設です。 まあ・・・・・



   「鶴だね。 鶴がいたね。」



ってだけの施設でした。(苦笑)

富良野に行ってきました。

風のガーデンに行ってきた。

富良野に遊びに行ってきました。
最近は "おつむがすっかりお花畑気分" の当blog管理人なので・・・今回もそんな感じです。(笑)

「風のガーデン」 という庭を見てきましたよ。 ドラマの舞台になったところだそうです。
当blog管理人はあまり観ていませんでしたが、かみさんが観ていたので、
白い長Tシャツを着た "ガブさん" の姿だけ覚えています。

こんな感じ

広い庭に "ドシャッ!!" っといろんな花が植えられている感じです。


この花がお気に入り

当blog管理人とかみさんはこの花が気に入りました。 何の花かはわかりません。。。


森の時計

その後は、別のドラマの舞台となった喫茶店に行きました。
カウンターに座ると自分でコーヒー豆を挽かされます。 でも、皆、並んでまでもカウンターに座りたがります。

ドラマの中でそういう設定だったんですね。

"寺尾 聰" 風のおじさんがコーヒーを入れていて、ちょっとおもしろかったです。

ラベンダーの向こうに十勝連峰

最後にラベンダー園を見てきました。 ファーム富田です。 ベタです。(苦笑)

アクセスがめちゃくちゃ渋滞してましたが、旭川側から回り込むとうまく潜り込むことができました。
ラベンダーは、まさに真っ盛りですっごい迫力で綺麗でしたよ。

バックの山は十勝連峰です。 いちばん手前に見える富良野岳に行きたいと思ってますが、
今年は実現しそうな気がしなくなってきました。

やっぱ、ちょっと遠いです。(苦笑)



十勝ガーデン巡り

六花の森

札幌から母親が遊びに来ました。

お気づきでしょうが、当blog管理人は花が好きです。
で、当blog管理人の花好きは彼女の遺伝だと思います。 (ちなみに祖母は華道の先生でした。)
なので、遺伝元の母親を連れて十勝のガーデン巡りをしました。

まずは 「千年の森」 に出かけました。 ここは以前にも行ったことがあります。
でもその頃は "まだオープンしたて" だったはずなので、ずいぶんと雰囲気が変わっていました。
 
エゾノシモツケが満開でした。
【エゾノシモツケソウ】

以前は単なる森の小道だったところがうっそうとした下草に覆われています。
その笹やフキなどの下草の中に十勝ではよく見かける野草の花がいっぱい咲いていました。
この "エゾノシモツケソウ" や "トリアシショウマ" なんかは山で良く見かけるけど名前がわからなかったので
覚えることができて勉強になりましたよ。(笑)

レイジンソウ
【エゾノレイジンソウだったかな?】

母親も森の中で花を見つけるのに夢中になっていました。
他の観光客と違って、ここでずいぶんと時間を費やしていましたね~。(笑)


【以下、この調子で花の写真ばかりが続きます。】

続きを読む

美術館に行ってきた。

絵画を見てきましたです。

帯広美術館に絵を見に行ってきました。



で・・・。 カメラを忘れました。

外での行動はひさしぶりだったので、ブログネタにしようと思ってたのに。。。

ほんとは美術館の玄関先の絵なんかが良かったのに。

なので、チケットでご勘弁を。 (こっちの方が伝わるかもしれませんが。)



今日は 「山に魅せられた画家たち」 ってことで、山の絵を集めた展覧会です。

主に富士山と北アルプス、そして北海道の山の絵を集めていました。

まず初っ端には、有名な 「葛飾北斎」 と 「歌川広重」 の版画です。

日本史の教科書とかによく載ってるヤツです。

もちろん現物を見るのは初めてです。

なんだか、ぶ分厚いチラシみたいな感じで重厚感とかはまったくないです。(笑)

でもすごく綺麗で親しみ感に溢れてて、部屋に画鋲で貼っておきたいような感じでした。

そのほか、「横山大観」とかの大御所の絵もありましたよ。



北海道シリーズでは、十勝ではお馴染みの "ちょっこうさん" こと、

南日高山脈の絵をいっぱい書いたことで有名な 「坂本直行」 もいっぱいありました。

この人のは・・・・見慣れてて・・・・・現物が職場に飾ってあったりするので。(笑)



当blog管理人がとても気に入った・・・・というか、すごく興味をそそられたのが、

金属版画で日高山脈の急峻な尾根を切り取っていた 「一原有徳」 という人です。

小さな版画なんだけど、実際に厳しい登山をしながら描かれた絵なのでとても迫力がありました。

登山道具とか版画の原版とかも展示してあったので、けっこうおもしろかったです。

危なく、帰りに 「一原有徳」 の特集本を衝動買いしてしまうところでした。(苦笑)



登山をしながらという意味では、北アルプスの穂高や槍が岳の山頂付近のド迫力の絵を描いていた

「足立源一郎」という人の絵も、登山者が山に圧倒されそうになる迫力がよく出ていて良かったです。


蕎麦の里びばいろ

びばいろの蕎麦

前から行きたかったお蕎麦屋さんに行ってきました。
十勝平野のど真ん中の、さらに畑のど真ん中にある普通の農家の自宅みたいのがお蕎麦屋さんという
なんとも飾らない風情のお店です。

当blog管理人は細打ち、かみさんは田舎風の太打ちを注文。
細打ちはスルスルと喉を通り、太打ちは噛み応えもちょうど良く、鼻に抜ける香りも心地よいです。

美味しいです!


蕎麦の里びばいろ




華宴さんを紹介します!

IMGP1965.jpg

あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いいたします。

さて、新年一発目は当blog管理人のオススメのラーメンを紹介します。
西帯広駅近くにある "華宴" さんです。 もう何回も行ってるんだけど、
いつもカメラを持って行くのを忘れるんだよね。(笑)

当blog管理人が注文するのは "博多" という味。 たぶん豚骨スープがいちばん濃厚なんだと思います。
ほかの味噌や醤油味もとても美味しいですよ。 あとは塩だけ食ってないかな?

IMGP1964.jpg


"博多" は九州のラーメンほどではないけど豚骨臭が残っていて、
これが九州に3年住んでいた当blog管理人には堪らないのです。(笑)
ガツンと来る濃厚スープに中太のストレート麺がマッチしています。

当blog管理人とかみさんは、この "華宴" さんが大好きなんだけど、娘たちは濃厚過ぎて苦手らしい。
娘たちは "ざぼん" さんが好きみたい。 あそこもけっこうガツン!と来るけどね。
豚骨が苦手なのかな?


千歳に行って来ました。

千歳サケのふるさと館

上の娘の用事のために千歳に行ってきました。
娘が用事をたしている間、時間があまったので "千歳サケのふるさと館" を訪ねてみました。
基本的にサケマスしかいない水族館なので、ある意味、 "地味ぃぃぃ" な施設ですが、
サケマスがメインの釣り人である当blog管理人にとってはかなり楽しいところです。

大きなオスサケや馬鹿でっかいニジマスやイトウがウヨウヨしている大きな水槽の前で、
20分くらいは "ぼわ~ん" と眺めていましたよ。(笑)

千歳川の水中を観察できるところでは遡上中のサケを見ることができるそうですが、
サケどころか魚一匹すら姿を見ることができませんでした。
でもクリアな水の中ってこういう風に見えるんだなあ・・・と、とても参考になりましたよ。

インディアン水車

外に出て、インディアン水車を見てきました。 インディアン水車とはサケを採るための設備なんですよ。
水車の中に入ったサケが自動的に広いデッキの上にゴロゴロと揚げられる仕組みのようです。

ウグイでしょうか?

まだ水揚げは始まってないので遡上してきたサケが柵の手前にウヨウヨいます。
写真に写っているのはたぶんウグイの群れじゃないかな?
大きなサケはもうちょっと前にいて、バシャンバシャンとライズしてましたよ。

サケの死骸


Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。