スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年11月の水槽

2015.11の水槽

「写真をクリックすると大きな画像が見れます。」

11月の水槽の様子です。 先月とあまり変わりがありません。
新しい草も魚も入れてないですからね。


元気がないピンナティフィダ

前回失敗してリベンジしたいところの "ハイグロフィラ・ピンナティフィダ" ですが、
どうもうまく育てることができません。 世の中では簡単な部類に入るものみたいなんですけど。

今回は木に活着させてますが葉は苔が生え穴が開き、
新しいランナーもあまり出ず、出ていたランナーの先の芽も枯れ始める始末。
前回はいじりすぎたので、今回は底床肥料を入れるだけで放りっぱなしにしてるんですけど・・・。

少し元気になったリスノシッポ

場所を変えて光が良く当たるようになった "リスノシッポ" は、少し調子が出てきました。
ほんの少しだけ、芽の先に色づきがみられるようになりました。
(写真ではわからんですけど。)

元気なロタラたち。

ロタラの仲間たちは元気いっぱいです。(笑)
増えすぎて "コリドラス" の居場所がなくなるほど。
でも、 "ミナミヌマエビ" にとっては楽園のようです。

エビも元気です。

最近、また黒ひげ苔が、ちょこちょこ出ています。 でもこの黒ひげ苔を指でむしって水中に放つと
なんと!! "ラスボラ・ヘテロモルファ" が食べてくれます。(笑)
うちの奴らは、珪藻ですら食べますから・・・。

でも、水中に放たないと食べないので解決にはならんのですけどねwww


スポンサーサイト

2015年10月の水槽

2015年10月の水槽

「写真をクリックすると大きな画像が見れます。」

すっかり "熱帯魚" のブログになっています。 しかも月に1回の更新・・・。(苦笑)
かつては海へ山へと 「アクティブ」 なブログだったんですけど、
今や、 「インドア ・ ゲーム」 の話題しかないっすね・・・。
(パズドラのランク370です。 でも、歳のせいか、パズル力が著しく落ちてさっぱりです。)

さてさて、水槽が少しづつ "もっさり" してきましたよ。
ほんとは右奥と左奥をいちばん高くしたいんだけど、なかなか思うとおりに育ってくれません。
光の加減とかで、やっぱり見通しの良い真ん中あたりが良く育つんだよね。

水槽左手

左の奥は放っておいてもガバガバ伸びる "アンブリア" をとりあえずの定位置にしときます。
伸びるのも早いけど根張りがすごいんだよね。 (なので "とりあえず" にならない。(笑))
で、 "リスノシッポ" を左側中央に移動しました。 光が当たらないとどうにも景気が悪くってね。

"ロタラ" や "ロザネエルヴィス"も放っておいても問題なし。 ぐいぐい育っています。
"パールグラス" はすでに雑草状態!!(笑)

水槽右手

右手側は "ウィステリア" が水面にまで届きました。
トリミングのタイミングではありますが、水槽の中のバランスが悪くて切るのに躊躇しているところ。
画像では見づらいですが、"ポゴステモン・メンメン" は理想形になってきました。
どんどん細い葉を伸ばして流れにゆらめいています。

水槽中央

ど真ん中の流木には "ミクロソリウム・ウェンディローブ" を活着させています。
苔が付いてなかなか伸び切れなかったんだけど、最近の照射時間調整の成果が出てきて苔が減少し、
やっと本来の姿になり始めてきました。 ついでに "ウィロー・モス" も活着させています。

リベンジのピンナ

最後に・・・

以前、苔まみれにしてしまって枯らせてしまった "ハイグロフィラ・ピンナティフィダ" の
リベンジに挑戦です。
ほんとは難しい草ではないんですけど、導入時のうちの水槽の状況が悪すぎたんですね。

今でもPH高くて困ってますが。。。


2015年9月の水槽

2015-9水槽

「写真をクリックすると大きな画像が見れます。」

だんだんアクアリウムにハマってきました。 とうとう流木を入れてしまいました。
もともと底には2本の流木を置いてはいますが、造形的な立体的なものは初挑戦です。

水草はまだまだ成長途中だったり、苔だらけだったりレイアウトの変更もする予定ですが、
なんとなく基本形が決まってきた感じかな。

流木1

中央に 「ドン」 っと手を拡げたような流木を置いて、


流木2

左手にカッコイイ 「ランニングマン」 のような流木を配置。


ロタラ・SP・ベトナム・hra

「ロタラ・SP・ベトナム・hra」 が育って姿が変わりました。 (先月の様子)
以前に導入した右側の同種も色は違えど、同じような姿になってきました。

水槽の左手奥の 「ポゴステモン・メンメン」 もトリミング後に繊細な葉を伸ばし始め、
理想形になる準備ができた感じ。

しかし、「アンブリア」 の頂点付近が白っぽくなってきたので (元気な時は赤茶色になります。)、
そろそろ肥料を追加しきゃなあ・・・とは思っていました。
でも、相変わらず苔には悩まされているので、なんとなく渋っていました。

そんなこんなのうち、数日間自宅を留守にしている間、
照射時間を短く設定して苔を減らしてやろうと思っていたのですが、
なんとフィルターの目詰まりで逆に黒ひげが大発生!
さらにコリドラスたちが水カビか白点病 (目とかに白いモヤモヤが付くやつ) みたくなって弱っていました。


     「大ピンチです!!」


フィルターのトラブルはウールマットの設置位置間違い。 (ごめんなさい)
病気の方は薬品投入のおかげで、一日で治って元気に復活!

とりあえずよかったです。


2015年8月の水槽

2015年8月の水槽

えっと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先月とはまったく違う水槽になってしまいました。(笑)
先月まで大きく育っていた "ハイグロフィラ・ロザネエルビス" を小さくして前景にしてみました。
まあ、種苗畑にしているだけなんですけど。

その他、 "ポゴステモン・メンメン"、 "アンブリア"、 "ウィステリア" を後景にし、
"ミクロソリウム・ウェンディローブ" や "リスノシッポ" を中景にしてみました。

パールグラスが爆増

先月購入した "パールグラス" はすごい勢いで増殖しています。
トリミングが大変です。(苦笑) (トリミング後の様子)

どちらも

中景に植えていた "ロタラ・sp・ベトナム“Hra” " を、再度購入して右隣に植えました。
(木の向こう)
同じ水草のはずなのに、まったく草姿が違います。
店員さんに確認したけど、これでも水中葉だそうで・・・。
前から植えていた左側のヤツはまったく赤くならない "グリーンロタラ" みたくなってます。

輸入品なので、品種はかなり適当だそうで実はぜんぜん違う草だったり、
水槽の環境によってかなり姿は変わるようです。

虎模様のカノコ貝

水槽内の苔の掃除機として・・・・、いや・・・・虎模様の姿がカッコ良くって2匹入れてみました。
まあまあ、頑張っているんだけど、そこらじゅうに白い卵を産み付けるんですね。
流木に産み付けられると取るのが結構めんどうです。(笑)


 PS 水草が増えたので大磯砂を少し追加したら、PHが上がってしまって
   水草には良くない環境になってしまいました。溶けてしまう草が出始めて困っています。




水槽に新兵器を追加しました。

LED照明を追加

どうにも水草の調子が悪いので新兵器を導入しました。

水草主体のいわゆる 「アクアリウム」 をやっている人には、
「高光量・CO2添加」 は割と当たり前かもしれないのですが、
当blog管理人は、あくまでも "魚主体" のつもり。
でも、水草を入れると綺麗だし、魚も映えるので水草にも力をいれることにしました。

で、まずは照明を2灯にしました。
これで、かなり明るくなったと思います。見た目にも華やかさが増しました。

発酵式CO2発生装置

それから "CO2添加" ですが、これをやるには高価な専用機器が必要で、
定期的にCO2のボンベを購入しなけりゃならない


    「素人が手を出すべき分野ではない!」


と思っていたのですが……

上の写真のようなペットボトルで簡単に "CO2添加" ができちゃうことが判明!!
興味がある方は "発酵式 ・ CO2 ・ ペットボトル" などで検索してみてください。

快調にCO2が供給さえれました。

結果・・・・・・ "照明増設とCO2添加" で水草の状態が明らかに良くなりました。
これまで成長していた部分と、改善後の部分とに明らかな差が出ています。
水草からはさかんに酸素の気泡が放出され、魚にとっても良い環境となっています。

タイマーで照明とエア供給の時間管理

それから、照明時間とエアポンプの稼働時間をタイマーで管理することにしました。
上記の機器で照明時間とエアポンプのON・OFF時間を分単位で管理することができ、
ヒーターや外部フィルターには24時間通電もできるコンセントもついているので、
これ1台で水槽にかかる配電の管理ができます。

照明がOFFになると同時にエアポンプを回すことによって、
CO2の発生の量や時間を調整できない発酵式CO2式の欠点をおぎなうことができます。
ゴチャゴチャしていた電気配線もすっきりしますよ!

おすすめです!!


2015年7月の水槽

2015年7月の水槽

最近は熱帯魚に夢中・・・いや! 水槽 (アクアリウム?) に夢中になっています。
放っておいたら何時間でも水槽の前にいるので、"かみさん" に、たしなめられます。(苦笑)

さて、前回とあまり変わり映えはしない画像ですね。 どうも "ウィステリア" の成長が遅くて、
水槽の右側が思ったような森になりません。 PHは 「6.4」 と弱酸性でバッチリなんですが・・・。

実はヒーターが壊れる前に、外部フィルターが壊れて買い替えたんです。
もちろん沪材はそのまま使ったんですが、白濁りの後にグリーンウォーターが発生し、
それからずっと調子が悪いのです。

パールグラスとモス活着用の石を入れました。

これから生まれてくるであろう稚エビのためにウィローモスを入れ、活着用に白い石を買いました。
PHに影響しそうな白い岩ですが、まあ・・・あまり面倒に考えないようにしてます。 はい。

それから "パールグラス" を入れてみました。
販売用のがなくて、店員さんに展示用の水槽から剥ぎ取って売ってもらいました。(笑)
顔見知りになっておくと良いこともありますね。

CO.メタエさんが二匹とも顔に大怪我

その活着用の白い石ですが、CO.メタエさんが岩の角にぶつかったらしく、
二匹とも顔に大怪我を負ってしまいました。
両者ともに右側の (向かって左側) 鼻の穴がなくなるほどの大怪我です。

でも、両者とも何事もなかったように元気です。(爆)


   「魚なんてこんなもんですよ。」 (笑)


釣りしてた頃は、渓魚は基本的にキャッチ&リリースしてましたが、
小さな小魚にこの程度の大穴が開いても元気なんだから、10センチを超えるような
ワイルド個体の口に針が刺さったくらいじゃ何ともないんですよ。
もちろん、返しがない針のほうが良いでしょうね。 (刺さり方やリリースの仕方によります。)

藍藻が消えません。
(写真をクリックするとアップ画像が出ます。)

さて・・・

問題は水草の方です。

少しは減ってきて水の臭いもあまりしなくはなってきましたが、まだ青黒い藍藻が新芽に付きます。
木酢液を直接注射器でぶっかけてますが、あんまり死にません。
かなり古い木酢液だし、屋外の倉庫に放っておいたヤツなので何度も真冬に凍ってるはず。

でも、ウィステリアの新芽は木酢液に弱いみたいで、藍藻が死なない木酢液で新芽が枯れていまいました。

白いモヤモヤ

さらに、なんだか見たことがない苔だかカビだかわからない白いモヤモヤが
すべての葉に付くようになりました。 ふわふわした柔らかいうちはエビが食べたり、
コリドラスが舐めたりしてるうちになくなるのですが、翌日に元通りフワフワが戻っています。
指で触ると簡単に取れるのですが、水中に舞うので意味ないです。

しかし、これも何故か、うちの 「ラスボラ・ヘテロモルファ」 さんたちは食べてくれます。
水中に舞わないと食べないので、最近はわざと腹を空かせてやると、葉の先を突くようになりました。
ラスボラは、コイの仲間だそうなので、草食性は強いんでしょうね。

白いモヤモヤその2

とは言っても、全部食べてくれるわけはなく、ほとんど残ってしまい、

そのまま放っておくと・・・・・・・・・・・・・・・


緑色の刷毛状の苔その2
(写真をクリックするとアップ画像が出ます。)

緑色の刷毛状の苔に変身 (育って) してしまいました。
こうなると、指でこすったくらいじゃ簡単には取れてくれません。
面倒なのでトリミングしてしまうのですが、これじゃ、さっぱり水草が育たないですよね。(笑)

緑色の刷毛状の苔


2015 初夏の熱帯魚

2015初夏水槽

前回投稿より1か月以上が過ぎました。 現在の水槽の様子です。
10年前のコンデジで真面目に撮影するのが面倒なので、適当撮影ですのでピンボケですがご容赦を。

「ハイグロフィラ・ロザネエルビス」 が水上葉から水中葉に変わり、葉を大きく伸ばしています。
一方の 「ウィステリア」 は背丈が低くなっています。 「2か月前の購入時撮影」

トリミングで背丈が低くなっているだけなので、これから伸びる予定なのですが、
なぜかいまいち伸びが悪いです。 横に這っているようです。

水槽の下を整理しました。

水槽の下もゴチャゴチャしていたので、ボックスを買ってきて綺麗にしました。
サイズがあまりにもぴったりと収まってでびっくり! 箱の中には水替え用のバケツやホースを収納しています。

初めましてのラスボラヘテロモルファ

新顔の 「ラスボラ・ヘテロモルファ」 さん。
水槽内に "藍藻" という臭い苔みたいの (バクテリアだそうです。) が、水草の新芽に発生しました。
それをチマチマと手で取っていると、何故か水中に漂っているその破片を食べてくれます。
最初っから食べてくれると有り難いんですけど。。。

あとは現在の我が家の面々です。 あんまり変わり映えがしませんね。
シクリッドとかも飼ってみたいけど、エビや小さいカラシンなんかと一緒にできないから、
もう一個水槽がいるよね。

ということで、お暇でしたら下の写真もご覧ください。
ピンボケで見づらいですけど。。。

久しぶりのロザネエルビス



久しぶりのミマミヌマエビ



お馴染みブラックファントム



お馴染みコリドラス



初めての Co.メタエさん



意外と映える白コリさん

ではまた。


熱帯魚ネタ その2

水槽LED

水槽ネタの連投です。(笑)
1か月も空いてるから連投とは言わんだろうけど。。。

実は器具も新調しました。
まずはヒーターがぶっ壊れました。 ふと、水温計を見るとなんと  「17℃ !!」
速攻でヒーターとサーモスタットを買ってきました。

ふたつで5000円を軽く突破。 こいつらってこんなに高かったっけ??と思ったけど。。。
「常時、26℃にしておきますよ!」 ってのは安かったんだけど、
うちは "コリドラス" がいるので、24℃くらいにセットしたいのね。


で、冒頭の照明も新調しました。
なんで気がつかなかったんだろう。 今の世の中、照明と言えばLEDじゃないですか。
水槽にもLEDの波が押し寄せていたんですね。 すっごく明るくて電気代も大いにお得!



しかも・・・・・・・


水槽用LED照明




  「こんなこともできちゃう。(笑)」



昼間なんとなく寂しい時には、青だけつけとくと綺麗です。
薄くて、カッコ良くって、水ハネが当たらないようにスタンドまで付いてました。
これはなかなか良いもんですよ。


排水口スポンジ

外部フィルターに大きなゴミが入らないようにする排水口のフィルターも導入してみました。
これは優れものですよ! 掃除がしやすいです。
プロホースでこの周りだけ吸い込んどけばOKみたいな感じ。 (ほんとはちょっと違うかも知らんけど)

以前は外部フィルターの中でエビが育ってたりしたことがあったけど、
今度からそんなこともなくなるし、水質も安定するし最近はいいもんがいっぱいあるんですね。


久しぶりの熱帯魚ネタ

H27.4.5水槽1

この時期になると熱帯魚ネタが登場してきます。
なんとなく魚や水草をいじりたくなるそんな気分なんでしょうか。

なんも考えず適当に写真を撮ってますが、御覧のとおりの "白にごり" です。
ほったらかしといたら、見事なグリーンウォーターになってしまいました。(笑)
ほぼ毎日、小さなバケツ一杯の換水の結果、やっとここまで復活しました。

原因は "ナナ" や "サジタリア" が "黒ひげ苔" にやられて、手がつけられない状態になったので、
ほぼ丸坊主にしたので一気に水草が無くなったのが原因かと。

おかげで黒ひげは消えましたけど。

その後、カボンバを大量導入。
しばらくの後、 "ウィステリア" と、もう一種類 "なんとか" (苦笑) っていう、赤い草を入れました。
この春菊みたいな "ウィステリア" と昔からうちの水槽にいる "チドメグサ" が、
ガバガバ育ってくるので、余計な栄養素が緑水の原因になってる植物性プランクトンに
行かなくなって透明度が戻るだろうという狙い。

H27.4.5水槽2

新しい仲間も導入しました。 (上の方にいる小さいヤツら)
「ミクロラスボラブルーネオン」 っていうコイ系の魚だそうです。
グリーンがかったゴールドの綺麗な魚で、育ってくると背中が青くなるそうです。

最初のうちは 「にっくき!グローライトテトラ」 に追い廻されていたのでヒヤヒヤしましたが、
さすがに食われることはなかったようで一安心。

あとは、うちの水槽の状況を説明したうえで、お店のお姉さんオススメの水草2種を購入。
まだ、グチャグチャな感じですが、そのうち落ち着くんじゃないかと。

H27.4.5水槽3

1年ぶりの熱帯魚

2015熱帯魚

久しぶりの熱帯魚ネタです。

ずいぶんと魚の数が減ってしまっていたので、新しい仲間を入れてみましたよ。
今回のメインは "グローライトテトラ" にしました。

当blog管理人はこの魚を知らなかったのですが (目に入っていなかった?)、
かなりメジャーな魚なんですね。 店ではあまり目立った感じはなかったんだけど、
水槽に入れてみると、なかなか綺麗な魚ですね。 性格もおとなしく飼いやすいようです。

あとはうちの水槽ではお馴染みの "ブラックファントムテトラ" と、
これまた今までまったく興味がなかった "赤コリドラス" のアルビノの "白コリドラス" です。

今回は久しぶりに "ミナミヌマエビ" も入れてみました。
エビが水槽にいるとなんだかユーモラスで楽しいですよね。 うちの次女もエビ大好きです。


   「しかし、問題発生!」


なんと、おとなしいはずの "グローライトテトラ" がエビを食べてしまいました。
これまでも1センチ足らずの稚エビがカラシン類に捕食されるのはめずらしくなかったんだけど、
1センチ半くらいあるエビが頭から食われる様はちょっとびっくりでした。

なので、10匹買ったエビが大きいサイズの2匹を残して消えてしまいました・・・。

今回は "グローライトテトラ" と "ミナミヌマエビ" をいっぺんに水槽に入れたので、
お互いが落ち着かないままだったのが原因なのかも。 まあ、はっきりわかりませんが。。。



【追伸】 
 その後、 "ミナミヌマエビ" を10匹追加しましたが、
 大型の個体だったにもかかわらず "グローライトテトラ" に突き殺されたあげく捕食されてしまいました。
 「グローライトテトラはおとなしい。」 とのことですが、
 うちの連中はどうも凶暴なようで、大きい個体は "ブラックファントムテトラ" と縄張り争いをする始末・・・。
 エビはあと数匹しか残っていません。 とても残念です。



Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。