またヤツが・・・

汗に湿った寝具が不快な寝苦しい夜。

数分おきに右に左にと身体を傾け、

汗で湿った背中を乾かそうと布団の上をゴロゴロしていた。

かなり無防備な短パン&ランニングシャツ姿。

そう言えば、今年は蚊がでないな。

定期的な動作を何度か繰り返しているうちにウトウトとしてきた。

ふと、身体の左側が汗ばんできたのを感じた。

  「これで最後か。」

眠りに落ちる確かな予感を感じながら身体を右に傾けた。

と、左肩甲骨あたりが“ちくっ“とした。

あわてて起き上がると聞いたことがある“ぼとっ”という音。

灯りを点け、タオルケットを振り払い、枕を持ち上げて上下に振り、

座布団をひっくり返すと“ヤツ”がいた。

“ヤツ”の上に座布団を戻し、

冷蔵庫の横に備えてある“ムカデ1秒”を小走りで取りに行った。

再び座布団をひっくり返し、まだそこにいる“ヤツ”をめがけて噴射した。


  「死ね~!!死ね~!!きゃはははははは~!」


でもね。

お願いだから、寝ているときに俺の身体を這うのだけは勘弁してください。m(__)m

続きを読む

久しぶりの訪問者

今日もクソ暑いし (でもここ数日のうちでは涼しいほう)、
足の調子も良くならないので釣りはお休みして、家で掃除・洗濯です。

ふとベランダを見てみると、梅雨にかこつけて水遣りをさぼるために放り出しておいた
観葉植物がちょっとしおれているような気がしたので、
「水でも遣るか・・・」と鉢を動かすと、鉢の下にヤツがいました。

部屋の中ではないのでこちらにはかなりの余裕があります。
園芸用のスコップで優しく掬って・・・・・・・

じゃなくって、「ガツッ!!」と振り下ろしました。
ちょうど半分にするつもりが「8:2」くらいになってしまいました。

「8」も「2」も激しく動いていましたが、やがて「2」の動きは静かになっていきました。
が・・・・「8」のほうはそのままどんどん逃げ出しました。
「8」もさらに半分にしてしまおうかと思ったけど、どうせすぐ死ぬだろうと見ていると、
どんどん逃げて行って、とうとう隣の家のベランダまで行ってしまいました。

今度はきっちり半分にしなくてはダメですね。
トカゲみたいに尻尾だけ、また生えてきたりして。(笑)

なぜかコオロギ

何故か数日前から家の中にコオロギが放し飼いになっています。(笑)

いつ間にやら入り込んでいたようですが、
毎日「リリリリ・・・」と可愛らしい声で鳴いています。

でもね。いくら呼んでもお友達は来ないんだよ。

捕まえて外に放してやろうと思っても、なかなか姿をあらわさない。
で、洗面所で歯磨きなんかをしていると、
足にピョンとぶつかったりするのでびっくりします。

こうしてBlogを書いている間も
「リリリリ・・・」と鳴き続けています。(笑)

「春の訪問者」再び

暑さで寝苦しかったのか、浅くなった眠りの中で右腕を布団から出して
胸の上あたりに置いた記憶がある。

その数十秒後、いや、もっと経過していたのかもしれない。
突如、右腕にやや硬質な違和感を感じ目が覚めた。
その違和感が腕から手首方向に移動したと感じた瞬間、
右手を振り払った!!

  「ボトッ」

という音を掛け布団が発した。私は飛びおきて部屋の灯りを着け、
音の主を振り落とそうと掛け布団に手をかけたその時、

  「チクッ」

とした軽い痛みを左手小指に感じた。
その部分の布団を裏返して見ると・・・

そこには昨年の春、九州へ引っ越してきたばかりの我が家を恐怖のどん底に落とし入れたヤツがいた。昨年のものとは違い、こいつは赤黒く発色している。

再度、布団をかぶせ、すぐに昨年威力を発揮した「ダスキンモップ」を取りに行って戻り、ふたたび布団を裏返すと・・・・

  「いない!?」

夜中の3時頃のことである。
敷布団の下、シーツの下、家具の裏など、1時間ほど捜索したがヤツを見つけることができなかった。ヤツを見失うという最悪の事態に陥ってしまったらしい。
目を離さずに家族を起こすべきだったと後悔している。
仕方なくその部屋で眠ることを諦め、布団をひきずり別の部屋で眠った。

このBlogを書き込んでいるこの瞬間も、
ヤツはこの部屋のどこかでじっと身を潜めているに違いない。

蚊に食われた。

5月のなかばだってのに、もう蚊に食われた。。。
ところで皆さんは「蚊に食われた」っていいます?普通は「刺された」ですね。
でも「食われた」って言い慣れているので。どこの方言かなあ。

しかも足の裏を食われた!朝方、猛烈な痒みで目が覚めました。
食われたのは足の裏なんだけど、
痒すぎてどこが食われたのか分からないぐらい痒い。
なんだか痒みが血管を通って上昇してくるような気がして、
足全体・・・いや、血管が痒いような気がしてきました。

そのうちやっと足の裏を食われたことに気が付いてムヒを塗ったんだけど、
足の裏を、さらに早朝に食われたことに無性に腹が立ち、憎っくき蚊を探すと、
目の前を「プーン」とバカ面さげて(たぶん)飛んでいやがったので、
速攻で叩きつぶしてやった。

それが2日前。

またまたところで、2~3日前に食われたところが思い出したように
再び痒くなることってありませんか?

今日のお昼にまた思い出してしまって、足の裏に「ムヒ」を塗ったのでした。

屁こき虫

夏の間、悩まされた虫がいる。

夜の間に階段の電灯に集まったヤツラが
足元にポロポロと落ちているので、
朝の出勤時間には踏んづけないように気をつけなくてはならない。

夜、窓を開けて網戸にしていても、
なぜかヤツラは部屋に入ってきて天井に張り付いている。

そう。じっとしていればなんてことはない。
つややかな緑色の体長15mmほどの虫だが、
刺すわけでもなくブンブン飛び回るわけでもない。

しかし「さあ寝よう。」と部屋の電気を消すと、
落ち着いた居場所がなくなって慌てたように
「ブンブン」と大きな羽音をたてて飛びまわり始める。

    気になって眠るどころではない。

もし寝返りを打ったその下にヤツがいたら、
とんでもないことになることは間違いない。

仕方なく退治するために立ち上がるのだが、
さてどうしたもんかと・・・。

思案した挙句、右手にハエタタキ、左手にゴキジェットを持つ。

ゴキジェットを軽く「シュッ」とかけると
「ブンブン」飛びまわるが電灯の下をグルグル回るだけなので、
ハエタタキで叩き落とし、刺激しないようにハエタタキに乗せてトイレに流す。

この作業を3度繰り返し、最後の4匹目を叩き落としたら、
なんとヤツが俺様の枕の上に落ちた!!

ハエタタキの上に移動させたいのだが、足がタオル地に引っかかってとれない。

どうにか処理する事に成功し電気を消して布団に横になった・・・。



     「・・・!! くっさあぁぁぁー!!!」



ヤツの例の臭いが枕にしっかりと染み込んでいました。

みなさんの家には「ツヤアオカメムシ」が大量発生することはありませんか?

オケラ

オケラ夜中に暑くて眠れないのでパソコンを立ち上げると、
台所でコソコソと何やら物音が・・・。

「またゴキか?ムカデ?クモ?」


最近は虫にも少しは慣れたのか、おもむろに音の主を探そうと立ち上がると、
音の主は眼前にいました。


  「なんじゃこれ??」


暗くて良く見えませんが、羽のない大きなコオロギのようなやつ。

なんとなくブニョブニョした感じ。


  「なんか気持ち悪そう・・・。」


と思った途端、「ブ~ン」とこちらに飛んできやがった。

  「うえぇぇ~!!」

思わず声をあげてしまいました。(笑)


近くにあった布切れをヤツの上にかけて、ハエタタキで軽く叩いてみました。

だってなんか柔らかそうだったし、潰れたらやだし。


恐る恐る布切れを除けてみると

  「カサカサ・・・」

大ハズレでした。。。

タンスの裏に逃げ込んだのでキンチョール攻撃!!
なかなか効き目がないのでゴキジェット攻撃だあ!!

ヤツはひっくり返ってご臨終。
さてさて観察してみると、羽の短いコオロギみたいな身体つきに大きなモグラのような前足。

  「トビケラか?」

  「・・・・・?」


飛んだから。。。

正解は「僕らはみんな生きている」の「オケラ」でした。
でもオケラって地中に住んでるんじゃないの?
うちは団地の3階なんですけど。

虫の声

南九州にも夜が更けると虫の声が聞こえるようになってきました。

台所の換気扇の前でタバコをふかしていると
聞き慣れない虫の声が聞こえてきました。

なにやら「がしゃがしゃ」と壊れかけた換気扇が回っているような声です。

 「ん?これってクツワムシ??」

どうやら、あの童謡に出てくるクツワムシの声のようです。
ほんとに歌のとおりに「がちゃがちゃ」と忙しく鳴いています。

夜なのでもちろん姿は見えませんが、
生まれて初めてクツワムシの声を聞くことができて
得をした気分の夜でした。

ゴキジェットの威力

最近、仕事から帰ってすぐにシャワーを浴びて汗を流し、
飯食ったり、ビール飲んだり、Blog書いたりしながら夜を過ごした後、
ふたたびシャワーを浴びてから寝るのが日課になっています。

  「さて、誰もコメントくれないし(苦笑)、シャワー入るか。」

今は家族が誰もいないので居間で服を脱ぎ捨てパンツも脱いで、
メガネも外して素っ裸で風呂場に向かうと、
メガネを外すと0.02というド近眼にも見えてしまった
風呂場のカーテンにあってはならない黒い影…。

そのまま素早くUターンし、なぜか?脱いだパンツと服を再び着た後、
冷蔵庫の上にいつも置いてある「ゴキジェット」を手に再び風呂場へ。

そう!体長約5センチの奴がカーテンにしがみついていました。

まずはカーテンに向かって「ゴキジェット」を噴射!!
奴は驚き慌ててカーテンから転げ落ち床を走ろうとするが、
さすがは「ゴキジェット」。
一瞬にしてその成分が奴の身体の自由を奪い、
足が滑って絡まってうまく走れない様子。

  「ここでさらに攻撃だぁ!」

自分は「ゴキジェット」の説明書をよ~く読んでいるんだぜ。

  「約6~8秒!奴がベチョベチョに濡れるまで連続攻撃だぁ!!」

奴は濡れネズミ…いや濡れゴキになって息絶えました。

  「思い知ったか。ゴキジェットの威力を。」

とりあえず見栄を切ったあと、
ゴキジェットの溶剤で辺り一面がベチョベチョになった床を
ひとり寂しく雑巾で拭いているJIMOでした。

この虫は何?「その3」

事務所の外でタバコを吸っていたら地面を歩いていました。
ちょっと見た目はゴキブリのようでしたが、
触覚が短く、歩くスピードは遅く、ゴキブリではないと思います。
ゴキブリのように平べったく、しかも羽がまったくありません。
まだ羽がない幼体なのかな?
でもしっかりと大人っぽい?感じで歩いてました。(笑)
身体の色は黒い革靴のように鈍く光る真っ黒でした
大きさは3~4センチほどでした。
う~ん…これは難しいかも…。

どなたかご存知ないですか?

Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。