スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯のナビ

正直、携帯電話のことはさっぱりわからないのです。

最近、かみさんがまた携帯を買い換えたんですが、
これにGPSナビがついてます。いまどきはあたりまえなんでしょうか?

昨日のおでかけドライブのときにちょっと試してみると、
これがホントにしっかりとナビゲーションしてくれるんです。
まあ、何がなんでも国道を走らせたがるところは仕方がありませんが、
ちゃんと目的地のレストランに到着しました!!

知らない街を走っていると「ここはどこ?」状態になることは良くあるけど、
この携帯があれば正確に自分の位置がわかるので、
ナビと地図を見比べながら走ると近道もわかってかなり便利です。

さらに現在地の近くのレストランや遊ぶところなんかも検索できて、
さらにさらにナビゲーションしてくれるんです。(だからアタリマエ)

通信にかかる価格が1日160円(注)くらいなので、
月に1~2度のおでかけに使うくらいなら、車載のナビを買う必要を感じなくなりました。

いまどきはアタリマエ(しつこい!)なんでしょうけど、
実際に手にして見ると世の中凄いことになっているんだなあと
実感した一日でした。

 (注)別途パケット通信料がかかるので、定額制度に入っていない人。
    定額制度に入っていても着ウタ等のダウンロードで定額上限近く
    まで使わない人にはあまりオススメではありません。


スポンサーサイト

九州のれすとらん

せっかくの九州なので、この際観光しなきゃ損!!
ということで、なんじゃかんじゃと出かけては昼飯を外食にしていますが、
九州のレストランは安くて旨いところが多いように感じます。

自分が住んでいるこの南九州は畜産も畑作も盛んな地域なので、
素材が新鮮で美味しいことがイチバンの要因だと思います。

先日ドライブの途中に行ったお店は、
昼食バイキングも1280円(小学生680円)とまあまあ安く、しかもとても旨い!!

料理自体はめずらしいモノがあるわけでもなく、
高級食材があるわけでもなく普通の洋食と和食の料理でしたが、
どれも素材の味が生きたとても美味しいものでした。
(コーヒーもヨーグルトも白いご飯も旨かった。)

宮崎県都城市の住宅街にある「グラースカフェ」はお店も広くオススメです!!

美味しいお店

転覆病の気

デブ金魚どうもオランダのランは転覆病の気がありそうだ。
丸っこい金魚はだいたいひっくり返りやすいんだけどね。

こいつが丸っこい体型のくせに餌をとるのが上手い。
それゆえ、うちに来た時はいちばん小さかったのに
今ではいちばん大きく太っている。

大きくなったのでさらに餌の時間になると、

  「どけどけ~い。じゃまだじゃまだ~。」 (いつここ風で)

と他の金魚を押しのけて餌を食べるのでますます太る。

で、転覆病になる。(たぶん・・・)

金魚の転覆病っていうのは、文字どおりひっくり返ってしまう病気。
原因はいまいち不明。急激な水質や水温の変化が原因とも言われています。対処法も不明とのこと。
でもたぶん単純に食いすぎが原因じゃないかと思うんだけど。。。

2年ほど前に丹頂のフナが転覆しかけたことがあったけど、
餌を控え、少しでも比重がある「沈む餌」に替えたら知らぬ間に完治しました。
その頃のフナもかなり太ってたですし。。。

餌を食べたあと、「ぷか~っ」と浮くようになったり、
底に行きたいのに行けなくて必死になっていると要注意です。

驚いたけど?

あいかわらず低調なタックル紹介ページ。(苦笑)

「なんでだろ~??」
と自分で自分のHPをGoogleで検索。

まずはカンツリや渓流アングラーが調べそうないちばん“ありがち”であろう

  「トラウト」 「タックル」 「紹介」で検索。

すると・・・147,000件中で・・・

  「なんとTOP表示じゃないですか~!!」

あ~びっくりした~。(笑)

でもきっと、この言葉の羅列はあまり“ありがち”ではないんだろうなあ~。
だってお客さん来ないもん。。。(苦笑)

  「トラウト」 「タックル」で検索。

208,000件中で19番目。これもかなりの高位置です。
ちなみにyahooではかなり下がりますが、それでもなかなかの好位置です。

実はこういうベタな言葉で検索してくる人は今のところ皆無です。
まだ、固有名詞が多いですね。
でもこのBlogも最初はそうだったから、これからかな?

タックル紹介ページの更新

久しぶりに更新しました。って言うか、
カンツリ用メインラインを載せるのをすっかり忘れていました~。

今のところ、これ以外のラインを使う必要性を感じないです。
(カンツリに行けないからだけかもしれないけど。)

トーナメントとかに出るんだったらもうちょっと考えるかもしれないけど、
別に・・・これで十分って感じです。(笑)

地震雲か!?

今朝、かみさんや子供が騒いでいた。

  「気持ち悪~い!怖~い!!」

どうしたどうした?と起き上がって窓の外を見てみると、
なんとも気持ちが悪い雲が南の空に湧き上がっている。

  「これは絶対、地震雲だ~!!」と写真撮影しました。

お昼休みに昼食を食べに自宅へ戻るとかみさんが、

  「今朝の雲はこれだったんだって~。」

なるほど。。。地震雲じゃなくって安心しました。(笑)
それにしても不気味な雲だったですよ~。

地震雲??


 追記:リンク先が消えましたね。実はこれロケットの打ち上げによる雲でした。

水草にも

いろいろあるんですね~。「水草水槽」って言葉も初めて知りました。

ペットショップなどできれいな水草がいっぱいになった水槽の中に
ネオンテトラなどを泳がせているのは見たことありますね。

でも金魚と水草ってのはもともと相性が良くないそうです。
一般的に水草水槽で飼われている熱帯魚に比べて、
金魚は圧倒的に「でかい」からだそうです。

ネットでいろいろときれいな水草水槽を見ていると少し興味が出てきました。

そうそう。うちのカボンバは食べやすいところだけ葉っぱがなくなって
茎が見えてきました。(笑)

カボンバ

VDT検診

職場のVDT検診を受けてきました。
もう15年ほどパソコンを使って仕事をしていますが、
今回ほど本格的に検査をされたは初めてです。

視力検査も裸眼と眼鏡だけではなく、
使用している眼鏡があっているかどうかの検査もしてくれました。
さらに視野検査やその他さまざまな検査をしてから写真撮影。
最後に涙の検査ということで麻酔の目薬を差した後、
検査紙を下まぶたにぶらさげて5分間、待合室に放置されました。
すごく間抜けな顔だったと思います。(笑)

最後に医師の診察を受けると・・・

  「特に問題はありません。」

  「でもあなたは強度の近視なので“もーまくはくり”の可能性があります。」

  「今度、眼底検査をしますね。」


えっ?今なんて言ったの? モーマクハクリ??

  「え~!!網膜はく離~!!」

飛蚊症(ひぶんしょう)と書かれたパンフレットをもらって
重た~い気分で職場に帰りました。

職場の同僚に話すと、

  「あ~。それ去年、俺も言われたよ。」

  「あの先生、目が悪い人みんなにそう言うよ。」


という人が4~5名。
イッキに重た~い気持ちが軽くなりました。(笑)

でも今後のこともあるので、いちおう検査は受けておこうと思います。

球磨川の西村釣具店さん

昨年の2月。九州に転勤しろ!と言われて、
まず始めにしたことが「釣り場はあるのかな~?」とネットサーフィン。(笑)

 ココノエ(KFR)は遠いなあ。。。
 雑誌によく紹介されていた五ヶ瀬川も遠いなあ。。。
 おっと!意外と隣の熊本県の球磨川は近いぞ!!

それでたどり着いたのが「球磨川情報」が満載の西村釣具店さん

30センチを超えるアユや40センチの大ヤマメの写真がたくさん掲載されている。

さっそくHPの掲示板に「行くのでよろしく」と書き込み。
しかし昨年は、九州の暑さに参ってしまって結局行く事ができませんでした。

今年は3月から渓流スタートしようとまた掲示板に書き込みしたら、
なんと!相互リンクのお誘いが!!
でもこんな雑談ばっかりの釣りblogでいいのかなあ。。。

こちらには球磨川の水量等の近況が写真で掲載されていたりと、
球磨川FanにはとてもありがたいHPです。

西村釣具店さん。これからお世話になりますがよろしくお願いいたします!

昔の釣行記「その5」の続き

昨日の続きです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

糠平湖から移動し、○○○○川支流の○○○○○○○川に入渓。
ここは道路脇には水が流れていないので人が入らない秘密の場所。
実は上流に堰があり、その上流は水量たっぷりなのです。

入渓点の橋から熊鈴を付けて川に降り立ち、△△さんはテンカラで後に続きます。
入渓して数投後に早くもHIT!はじめて見るかわいいオショロコマ。
側線の上下にちりばめられた朱点。背中までくっきりと現れたパーマーク。

  「まさに天然の渓魚。」

しばし観察した後にリリースし、1歩も動かずキャスト。
その数投後またまたHIT。その後もHIT。
同じ瀬の5mの間に3匹出てきました。
その後も出るわ出るわ、30mほどの間にすでに7匹。

  「ここやってみて。大きいのテンカラじゃ出ないんだわ。」

という長さ7~8m、幅2mほどの溜まり。
手前から攻めて、ここで5連続HIT。
このポイントの一番奥にキャストし、トゥイッチすると、
「ゴン!」といい感じのアタリ。
この日一番の23センチ程度の魚がネットに収まりました。
オショロコマはこのぐらいのサイズで大物だそうです。

その後も△△さんに指示された(試された?)ポイントにミノーを投げ入れ、
次々にオショロをGET。

2時間程度の釣りだったと思うけど、
何匹釣ったかわからないくらい(たぶん30匹くらい)の爆釣でした。

この日は△△さんのガイドのおかげで、
初めてのダム湖、レコード更新のヤマメ、オショロコマの爆釣と、
一生の思い出に残る釣行となりました。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいや、ほんと楽しかった。
ただ、北海道はヒグマが怖くってねえ。。。(笑)

昔の釣行記「その5」

また昔の釣行記です。
ガイドは職場の先輩の△△さん。かつてはバスのトーナメントにも出場していた釣り名人です。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ 平成15年8月2日 北海道釣行(糠平湖、○○○○○○○川)

待ちに待った北海道釣行!
前日に職場に立ち寄り△△さんと打ち合わせ。
翌日の午前3時半に△△さんの自宅で車を乗り換え出発。

糠平湖

士幌町のコンビニで食糧を買い込み糠平湖へ。
インレットを対岸へ回り込み、観光名所にもなっている「メガネ橋」へ一番に入りました。

急傾斜の湖岸を降り、支度を整えキャスト開始。
ルアーローテーションをしながら、来るべき大物がルアーに襲いかかる瞬間を待ちます。

が・・・なかなかその瞬間がやってきません。
少しづつ移動しながらキャストするが反応なし。

数匹の小さい魚がぴちゃぴちゃ跳ねている場所が散発しているので、
大物が下にいるかもとスプーンを投げてカウントダウンしても反応なし。
「アッ!!」っと△△さん。カウントダウン中にアタリがあったよう。
同じようにカウントダウンしてみたけどダメでした。

また少し移動して岬の突端へ。大きなライズを発見!すぐにキャスト!

  「ドカン!!」

速攻アワセを決めてやると木の根っこにバッチリHITしました。
昔の森跡なのでそこらじゅう木の根っこだらけ・・・

ダム湖本体をあきらめ、湖のインレット付近(音更川)に移動。
湿地帯を抜け、バックウォーターで釣り再開。しかし草が絡まるし、小物ばかりでダメ。
少し上流へ移動し、川か湖か?って言うと川かな?ってところでスプーンをキャスト。
ピンクの忠さんスプーン10gに変更し、数投後・・・

足下まであと3mというところで「ゴン!!」と明確なアタリ。
即あわすと、銀色の魚体が首を振っています。
7.7Fのロッドパワーで走らせることなく、自作ネットへ収めることができました。

まだパーマークが残り金色に光る立派な魚体のヤマメでした。
△△さんにサイズを計ってもらうと36センチ!自己レコードを大きく更新です。
ガイド役の△△さんとガッチリ握手。△△さんも嬉しそうです。
その後はウグイが釣れたのみでもう一つの目的地へ移動。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きは明日・・・。

宮崎キャンプ

近所にタバコの自販機がありません。
でも家のすぐ近くに温泉旅館があるのでいつもそこに買いに行っています。

さっきも仕事帰りに温泉に寄ると派手なバスが止まっていました。
良くみるとどうも某サッカーチームらしい。
Jリーガーらしきお兄さんがウロウロしてます。

  「でも・・・だれも知らない。。。」(苦笑)

宮崎キャンプと言えば読売ジャイアンツが有名ですが、
じつはプロ野球やらJリーグやらがい~っぱいキャンプに来ています。
あんまり興味はないんだけどね。

でも先日、サッカー日本代表がキャンプに来た時はちょっと行きたかったですけど。

それにしても、タバコを買いに行ったらJリーガーに会うとは
思ってもいませんでした。(笑)

光通信がやってきた!

とうとう激遅ISDNとおさらばするときがやってきました。
我が家にBフレッツの光通信がやってきました~。

  「速い!速いぞ~!!」

さっき動画も見てみましたが、ストレスがありません!
(もちろん釣り動画ですよ。)
どれだけのスピードが出ているのかわかりませんが、
以前のADSLよりは速いです。

きっとこの記事の投稿もサクッと終わるんだろうな~。(笑)

Blogデザインも・・・

勢いでBlogのデザインも変えてしまいました。(笑)

タックル紹介ページのデザインにあわせて、CSSとHTMLをいじってカラーを変更してみました。
テンプレートは以前のままです。

それにしても、これから春だっていうのにこれじゃあ渋すぎますよね。(笑)

タックル紹介ページのリニューアル

不振続きの?「タックル紹介ページ」をリニューアルしました。

今までのはちょっと野暮ったい感じだったので、
全面的にページデザインを変えて、シックな感じにしてみました。

どうですか?前よりはホームページらしいでしょ?

今回はフリーのテンプレートをWEBからいただいて、
それをいじくりまわして改造してみました。

できあがったソースをよく見てみると、
位置設定などでCSSとHTMLが混在するイマイチな出来なのですが、
どうにかこうにか調整しました。

IE6以外のブラウザやOSの動作確認なんてしてませんので、
文字が重なったりする人もいるかもしれません。

その場合は・・・ごめんなさい。

カボンバ?

先日購入した水草ですが、
調べて見ると、どうやら「カボンバ」という水草らしいです。
別名「金魚藻」と言って金魚の水草には良く使われる水草だとのこと。

しかもなんと!「金魚のおやつ」との記述もあった。
さらに「長期不在時の非常食として」とまで書かれていました。(笑)
子供達と「おやつを買ってきてしまった。。。」と嘆いてしまいました。

金魚たちも最初は警戒していましたが、
半日でカボンバの周りから離れなくなり、今では葉っぱを何度も引っ張っています。
すでに2本、根元から抜けました。

これは本当に帰省時には重宝しそうですね。(笑)

水草を購入しました

金魚の水槽に水草を入れて見ました。

あまり興味はなかったのですが、子供達が欲しいというので300円で買ってきました。
プラ製の水草を入れたことはありますが、本物は初めてです。

90859190938A93FC.jpg

入れてみるとやっぱりキレイですね。

はじめは怖がって近寄らなかった金魚たちも数時間後には慣れたようで
恐る恐る近づいて突っついたりしていました。

この水草は食べられるのかな?食べられるとするとすぐにボウズになりそうです。
でも帰省時など、長期間留守にする時には便利かも。
ちなみにわざわざ「この水草は食べられます。」と表記したものも売ってましたよ。

金魚の写真

どうも上手く撮れないなあ・・・と思っていましたが、
自分のデジカメはフルオートなんですね。

「普通のデジカメ」は通常フルオートなんですが、
高級なものだと手動で露出やシャッター速度を変えることができるので、
普通よりは暗いであろう金魚の水槽も上手く調節すればきれいに撮れるらしいのです。

今まで気付きませんでしたが、
明るく見える水槽でもフルオートで撮ると、
デジカメに表示されるシャッター速度が1/8とかだもん。
動き回る金魚をまともに撮影できるわけがありませんね。(苦笑)

白点病、その後

メチレンブルー液を突っ込んだ水槽の色もすっかり透明に戻りました。
この薬、なんでこんな色をしてるのかと思ったら、
酸素と反応して薬効がなくなって色が薄くなるらしいです。
だいたい水槽の向こうが見えなくなるくらいの濃さが適量なので、
薬効を継続させるための目安になるみたいです。

金魚水槽

ところでうちの金魚たち。白点病は治ったの?

どうも尾びれや腹びれにモヤッと残っているような気がしますが、
それ以上広がる様子もないので良いことにしました。(笑)

前回のように狂ったようにガラスに沿って泳ぐようなことも
まったくないので大丈夫でしょう。(たぶん。。。)

さっそく死に絶えたであろうバクテリアの復活のため、
半分の水換えのあと、液体バクテリアを注入。

しばらくはこまめにごく少量の水換え、餌は少なめに。
バクテリアが復活するまでには1ヶ月以上はかかります。

真っ赤なスプーンは釣れないの?

ふと思ったのですが、
最近、真っ赤なカンツリ用スプーンってラインナップされていないことが
多いように感じるのですが気のせいでしょうか?

昔、カンツリを始めた頃はフォレストのマーベルやカメスプーン。
その後はプリズムリーフの赤で良く釣れた思い出があります。
でも赤いスプーンを買ったのはこのプリズムリーフが最後かな。

オレンジは釣れるカラーとして定着しているようですが、
赤はあまりオススメカラーとしては聞きませんよね。

上記のスプーンの赤は白河FSでは比較的大きな魚が釣れた記憶があります。
赤いルアーは数釣りには向かないけど大物キラーなんでしょうかね。
それとも、ただ売れないだけなんでしょうか?(笑)

真っ赤なミノーなんてデカマス狙いには最高かもしれませんね。

お散歩日和

と言うわけで昨日、娘二人を連れてお散歩に行ってきました。
お父さんがおにぎりを握って、

  「おにぎり食べに行くぞ」

  「どこへ??」

  「内緒。。。」


3人なら2合の米で良いかと思ったんだけど少々少ない。
まあ・・・いいか。ちなみにお母さんは帰省中。

小さな湖

ブーンと車を10分くらい走らせて到着したのは近所の小さな湖。
湖一周のちょっとしたハイキング。
不安げだった子供達も安心したようです。ずいぶん早足でどんどん歩いて行きます。

30分ほどで対岸のキャンプ場へ到着。
おにぎりを旨いと言って食べてくれました。(笑)

また30分かけて元の場所へ。
カモやアヒルがこちらの様子を伺っています。追うと逃げるのにまた戻ってこちらを見ています。

カモ

子供が「餌売ってるよ。」というので見に行くと、カモたちがいっせいに後を追いかけてきました。

自分が売り餌の前に立っていると、

  「早く買え~!!早く買え~!!」

とばかりに右往左往しながらこちらを見上げています。
おもしろそうなので餌を買って与えてみると大騒ぎ。子供も大喜び。

足を怪我して陸に上がってこれないカモを子供が発見。
他のカモにバレないように水面に餌を落としますが、
目ざといカモたちは我先に湖に飛び込んで来るので、
餌を陸に投げたり、湖に投げたり忙しかったけど、
カモたちが右往左往する様子はとてもおもしろかったな~。

大寒気

日本全国どこも寒いようですね。日本海側はまた大雪でしょうか。
ここ宮崎県も今朝はマイナス3℃まで冷え込みました。
でも今の時間は快晴で空気が「ヒヤッ」として気持ちが良いです。

お散歩日和かな?

いっぽうの・・・

「トラウトロボ」のタックル紹介ページですが、
相変わらず泣かず飛ばず状態。

一日あたりのアクセス数が延べで7~8件ほど。人数で2~3人程度。
その中には、私のアクセスも入っています。(苦笑)

このBlogに更新情報を載せたときには「グン!」とアクセスが増えますね~。
でもアクセス数を増やすために知らない道具を載せるのは
かなり抵抗があるので今のままでしょうね。

ただ最近は、検索でのアクセスもポツポツと入ってきています。
いちばん多いのは意外なところで「フェンウィック ワールドクラス」です。
好きな人は好きなフェンウィックですが、
いざ購入するとなると情報が少ないので調べたくなるんでしょうね。(笑)

でも単一の単語ではなく総合的に見てみると、
圧倒的に多いのが「リバレイの防寒ブーツ」です。
これは時期的に今が旬ですもんね。

いちおう・・・アフィリエイトもあるんですが、

  「おい!何で欠品しとんねん!!」

欠品してなかったら、もしかしたらひとつぐらい売れたかも?(笑)
まあ・・・アフィリエイトはいいんです。。。
自分で買う分はしっかりアフィリエイト通しで購入して
還元してもらってますから。(苦笑)

1月の検索ワードNO1

1月も「トラウト」でした~!!

2位に渓流解禁目前のためか「ランディングネット」。
赤丸急上昇でしたね。
3位に「ルアー」、その後は「金魚」「編み方」と続きました。

「トラウト」は2位以下に大差を付けての連覇です。

1月はワード検索によるアクセスが非常に多い月でした。
アクセスを見ながらランディングネットのネタを連続させてみたところ、
1月30日のアクセス数が400件を超え、
1日あたり過去最高のアクセス数を記録しました。
タイミングよく出せたのではないかな?と自画自賛。。。(笑)

以前は固有名詞での検索が多かったのですが、
最近はもっと"大くくりの名詞"が増えていますね。
個人的には良い傾向だと喜んでいます。

「ランディングネット」関連ネタ その4

グリップ材は好きなものを!と言いたいところですが、
やはり黒檀などの硬い材はしんどいです。

グリップ材を切るには糸鋸を使いますが、カーブを出すのが非常に難しいです。
あとでヤスリで整形するのも変にテーパが付いてしまいます。

自分はグリップを平らなところにおいて、
空き缶などに紙やすりを巻き付けたものを使って整形しています。
かなり骨は折れますが、1日で仕上げようと思わず、
「シーズンに間に合えばいいや」ぐらいでのんびりやっています。

それでもどうしてもフレームとグリップの間に隙間ができてしまった場合には、
グリップ材を削った際に出た木の粉を隙間に盛り上がるくらいに入れて、
接着剤を流し込んで固めましょう。あとで紙やすりで磨けばめだたなくなります。

またグリップは思っているよりかなり細めに作った方がカッコイイです。
ぶっといグリップは野暮ったいです。
渓流で使うならそんなに丈夫なネットはいらないです。
フレーム材の厚みを計算に入れるのを忘れずに。

Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
Tackle Shopping
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でも最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。
パズドラにハマってます。
現在、子供たちは無事に巣立って行き、かみさんと二人暮らしが始まりました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。