スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミヤベ君お久しぶり!!」 釣行 H20.6.27

鏡みたい!

早朝5時に自宅を出発し、朝霧の中、今日の現場へひた走ります。
どこまで行っても霧が晴れず、霧って言うか霧雨模様。
天気予報では今日は晴れるはずなんだけど・・・。やっぱアメオトコの威力は絶大なのか。

今日のポイントである然別湖は火山の噴火による堰止湖。山の上にあるんです。
10年落ちスターレットでウンウンと山道を登っていくと・・・・・・突然霧が晴れました。
つーか、霧の上に出ました。朝霧が地表に貯まっていたみたい。
緑の山は青空にくっきりと浮かび、初夏の朝日がキラキラ眩しい~~~!!

さて、支度を整えボートに乗っていざ出陣!!さすがにボートの扱いは2度目なので、
スムーズに湖面へと漕ぎ出しました。今日はまったくの無風。湖面が鏡のように輝いています。
前回はミヤベイワナが1本だけとちょっと寂しかったので今日はがんばるぞ~~!
それにニジマスやサクラマスも釣りたいしね。

というわけで、岸際にルアーを落として 「ライズしたいよ~。」 って言っているニジマスを狙いますが、なかなか思うようなところに魚は居ません。今日も ”もしかしてもしかしちゃう” のか??

風が出てきました。

2時間ほど岸際のニジや沖のミヤベイワナを狙いましたがまったくの無反応。
くたびれたので 「ぼけ~っ」 とボートを流しながら ”おにぎり” を食べながらしばし休憩。
ちょっと風が出てきたかな?ここで作戦変更! 狙いを比較的釣り易いミヤベイワナに集中。

ヤツは群れで動いているので群れさえ見つけりゃポンポン釣れるはず。
でも広~い湖でどうやって見つけるのかな? 

ボートの尻からルアーをぶん投げて10mくらいフォーリングしてからボートを漕ぎます。
だいたい5~8mくらいのところをルアーが泳ぐイメージでトローリングを開始しました。
フライだとハーディングっていうんですか?エンジン付きのボートならお気楽な感じですが
こちとら手漕ぎボートでございます。魚を求めて ”えんやーとっとどっこいしょ” でございます。
ぜんぜんお気楽ではなくって、めちゃくちゃアグレッシブな釣りでございます。(笑)

今日の1本目!

この ”えんやーとっとどっこいしょ” がルアーの泳ぎに自然な?緩急がついて具合がいいみたい。
置き竿しているロッドがガタッと動きました。魚がHITしたようです。
上がってきたのは35センチほどのミヤベイワナ。背色はこれまで見たことがないブラウンでした。

  「よしよし。この辺りに群れがいるのね。」

と、その辺りをじゅうたん爆撃!(笑)

  「隊長殿!異常ありませんです!!」(爆)

そのまま奥のワンドに入ってまたニジマスのライズに浮気したけど釣果ナシ。
再び ”えっちらおっちら” のトローリングに戻るとHIT!!

出ました!2本目!!

今度こそ群れを逃すまいとトローリングのまま辺りをリサーチすると連続HIT!

  「よっしゃ!ここじゃあ~!!」

とキャストするとさらに連続HITです!しかもバラしまくりぃ~~~!!(笑)
どうやらフックサイズがでか過ぎるようです。
ミノーから小さいフックをはずしてスプーンのチヌーク14gに付け替えてみるとやっとこさ乗りました。

虫食い模様です。

風でボートが流されるとアタリがなくなるので、群れのおおまかな位置を湖岸の樹で把握しながらボートの位置を調整します。 でもこの釣り・・・・・・

  「めちゃくちゃ辛いんですけど。」(苦笑)

天気は快晴。強い日差しが腕や首筋をジリジリと焼いていきます。
群れもいつまでも同じ場所に居るわけがなく、そのうち釣れなくなってきました。
またまた魚の群れを探す旅にでかけなくては・・・。

しかし魚の群れは大きな移動はしていなかったようでトローリングにすぐにHIT!
こいつはグリーンバックのなかなか綺麗な魚です。

綺麗なミヤベイワナですね。

よしよし。群れはこの辺りだなと思いっきりキャストしたときに事件は起きました。

  「ガシャッ!!ボチャッ!!」

今日はほとんど出番がなくなっていたミノーイングロッドを船首に置いていたんだけど、
キャストしたらその置いていたロッドに 「ガシャッ!!」 っとルアーが引っかかって、
なんと「ボチャッ!!」っとそのロッドが湖面に落ちてしまいましたーー!

あわてて右手を伸ばし、ギリギリセーフで水面からロッドを拾い上げることができました。
今日はもうミヤベイワナとだけ遊ぼう!と決定。ミノー用ロッドをたたんで引っかからないところへ。

今日のベストショット!

フックは小さいのに替えたけど今日はやたらとバラします。キャッチの倍くらいバラしたんじゃないかな?魚もあまり大きくないようだし、今度は刺さりが良いカンツリ用のフックにしますね。

魚がボートのすぐそばまでルアーを追っかけてくるので、ロッドを水面に突っ込んでグルグル回すと
いつまでも追い続けるとこなんかまるっきりイワナですね。とっても愛いヤツです。(笑)
すっごい小さい10センチくらいのミヤベ君たちもすっごい元気でした。
こいつらが青い宝石のように水中で輝くのがすっごい綺麗でしたよ。(すっごい3連発!)

グリーンバックのミヤベくん。

さて、約8時間の楽しい釣行はあっという間に終わりの時間。
けっこう遠くまで漕いできたから帰るのがたいへんだ。
終了の1時間前からボート乗り場に向かって帰り始めました。もちろんトローリングしながら。
しかし風に乗って帰ろうと思っていたのに思惑がはずれて思いっきり逆風。
大きなワンドを横切るときは波もあってかなり疲れました。手にはマメまでできてしまったよ。

「ガタンッ!!」 と突然置き竿が大きく動きました。つーか、持って行かれそうに!
これは大物かも!? ロッドを大きくあわせるとグングンと今までとは違う引き心地。
もしかしてニジマスかも?って思ったら・・・バレました。(苦笑)

まあいいや。今日は綺麗なミヤベイワナがたくさん釣れたから。
今度は秋の特別解禁ですね。紅葉の季節に来れたらいいな。
ミヤベの身体の朱点とのコラボレーションも素敵かもです。

朱点がオショロコマですね。


Rod ・・・・・ FENWICK WorldClass 77S-2J "RAINBOW"
       TOFLS Sugerstick SS70L 
Reel ・・・・・DAIWA Certate2000
       SHIMANO 02'TwinPower2000
Line ・・・・・YAMATOYO Famell Supersoft 8LB
Lure ・・・・・DAIWA チヌーク14g

スポンサーサイト

今年も行ってきます!

然別湖用のルアーたち

昨年は一本だけだったけど、すっごい綺麗なミヤベイワナが釣れた然別湖の特別解禁。
今回も初夏のファーストステージに挑戦してきます。
去年はめっちゃくちゃ寒かったけど今回は少しはマシみたい。

  「天気予報でも雨は降らないみたいだし。」(笑)

今回もミヤベイワナに会うことができるかなあ。
去年は姿も見ることができなかったニジマスやランドロックサクラマスも釣りたいし。

写真は今回持っていくルアー達です。
然別湖ってレギュレーションでシングルバーブレスONLYなのはわかってたんだけど、
確かプラグのフックはシングル1本規制じゃなかったけ?HPを見ても書いてないんだよなあ・・・。
ミノーのベリーフックを全部外して重りのスナップ付けたのに。

  「まあ・・・・・・いいかぁ。」(笑)

釣行は金曜日にしました。リンク先のSoloさんが土曜日に釣行するってことなので
私も土曜日に行きたかったんだけど、土曜日は家族が揃うので・・・。

ではこの釣行記は次週のお楽しみということで。じゃあね!



PS 関係ない話。このブログを書いていると書き込み画面がいちいちリロードするのか知らんけど
  画面がチカチカして ”すっげえ” うっとおしい”!! FC2さん!どうにかしてちょーだい!!


海サクラ用のルアー達

海サクラ用のルアー達

いやぁ~、サクラマス・・・釣れてしまいましたね~。(笑)
皆さんから 「おめでとう!」 のコメントを頂いてだいぶん実感が沸いてきましたよ。

さて先日の釣行に持っていったルアー達でも紹介しておきますか。

  「って、インプレなんかしませんよ。できないし・・・。」(笑)

いっぱいありますか?ぜんぜん少ないでしょ?所有している大きいルアーはこれで全部です。
宮崎でシーバス狙いに使っていたのも混ざってるし、
北海道に引っ越すときにkcsgさんにプレゼントしてもらったルアーも混ざってます。
(チャートのギグとブルースコードを投げましたよ!!)

手前に並べたのが実際に投げたルアー。
いちばん手前のジグが今回のサクラを連れてきてくれたルアーです。
これで釣れたので、その後もこいつをたくさん使ったら、すでにメッキが剥がれてしまいました。
サーフだから砂で傷つき易いとは言え、ちょっとこれじゃあ長くは使えないです。

今回は天気が悪かったのでチャートやピンクをメインに投げてました。
天気が良かったら青や緑が良いそうですね。もう少し欲しいかな?
でもでっかいルアーは値段もでっかいのでそんなに簡単には買えないですね。

  「つーか、最近ルアーの値段が上がったよね!!!」

「荒波の桜は咲いたのか!?」 釣行 20.6.21

今日のポイント

いよいよ!待ちに待った海サクラ釣行の日がやってきました!
思えばまだ宮崎県に住んでいた頃、北海道では海岸からサクラマスが釣れるらしい・・・
との噂を聞きつけ、それはぜひやってみたいなあ・・・と思っていたところ、
釣友から誘いを受けて初挑戦したのが昨年の夏。もちろんあえなく敗退しました。

それから約1年。これはまた機会があればぜひ挑戦したいと思い、
少しづつ道具を集めているとなんと!北海道へ転勤が決まり超ラッキー!!
そして再び北海道の海岸に降り立つことができました。

今日はいつもの釣友と一緒に釣る予定ですが、釣友は到着が少し遅れるとのこと。
それまで間に数箇所のポイントの下見をした後、よさげなポイントを決定。
釣りをしながら釣友の到着を待つこととしました。

  「さあっ!キャスト開始です!」

今日のこの日のために購入した 「DAIWA Labrax 11M」 に40gのジグを結んで
「エイヤーッ!!」 と投げたら横っちょの方で "ぼちゃっ" と音がしました。
ぜ~んぜんまっすぐ投げられませんでした。再びキャストしたけれど同じ結果に・・・。(汗
こりゃぜんぜんタイミングが合ってないなと、それからはひたすら練習キャスト。
なんとか横には飛ばなくなったけど、まったく気持ち良く飛んで行きません。

  「・・・・・・・・・・・・・・・・」

試しにミノーに変えてみるとちょ~ぶっ飛びです。(笑)
40gとかの重いルアーを投げたことがないのでタイミングがわからないことと、
そもそもそれだけの重さのものを投げられるだけの身体的パワーが不足しているようです。

正直なところ・・・・・・・

  「まるっきりのお姉ちゃん投げです!!」 (いやぁ~ん(爆))

霧雨がうっとおしい。

さて、そんなこんなでスタートした海サクラ釣りですが、またしても天候は雨。ただし霧雨。
幸いなことに寒くはありません。でも霧雨が舞うのでメガネがすぐにべちゃべちょになってしまって
しょっちゅうメガネをふいてなければならないのがうっとおしい。
いっぱい立ち並んでいるんだろうなあ・・・と思っていたアングラーは意外と少なく、コロコロとメンバーは変わるけどだいたい5~10人ほど。釣りを始めたのは潮の上げ始めの11時頃。
ひたすらひたすらルアーを取っ替えひっ替え投げ続けました。

釣りを始めて1時間ぐらいの時間がたった頃でしょうか。他のアングラーの竿が曲がりました。
竿の曲がり具合ややり取りの時間、獲物をクーラーへ入れるためか持って歩いているところ見ると
本命のようです。よ~し!やる気が沸いてきたぞ~!!

しかしやる気とは裏腹に・・・身体が言うことを利かなくなってきました。
慣れない長竿と重いジグを投げていたので、あっという間に身体がガタガタになってきました。
すでに右腕と右肩はパンパン。ロッドを振り上げるのも苦痛となってきました。
辛くなったらミノーに替えて、それでも辛いときは・・・座り込んでOFF!(笑)

やや予定より遅れて釣友が到着。これまでに4時間近くロッドを振り続けていた当blog管理人は、
短い9ftのロッドに変えようかと散々迷ったけど、やっぱり竿やジグに慣れなきゃと思い、
使い慣れた9ftは封印。今日はこの11ftでがんばることにしました。

久しぶりの釣友と少し話した後、二人並んでキャストを再開。
時々休憩しながら色々と情報交換やら世間話。あんまり廻りも釣れてないからね。(笑)
今日は波が高いです。しかも沖からウネリが押し寄せて来ます。
海サクラって凪のときの方が良いって聞いたことがあるし、そんな簡単には釣れないよね。
精一杯ロングキャストしてやや早巻きで魚のバイトを待ちます。高い波にルアーが巻かれて、
まるでサクラマスのバイトのような 「ゴゴッ!」 という感触が感度が良いファイヤーラインを通して
手元に伝わってきます。

また釣友と歓談の後、ミノーからジグに替え数投し、最後に気持ちよくジグが飛んで行って着水。
ここから十数秒ほどの記憶がはっきりしません・・・。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

途切れた記憶が再び繋がったのは、波にルアーが巻かれたときのような 「ゴゴッ」 という感触が何度も何度も連続して手元に伝わってきていることを認識したところから。

  「魚だっ!!」

しかし、釣友に向かって発した言葉は

  「なんか・・・かかったみたい。」(笑)

しかし悲鳴をあげる上半身をさらに酷使しながら振り続けたロッドは大きく曲がり、
ロッドの先は波打ち際に向かって 「グン・・・グングン」 と何度も引き込まれています。
高い波にルアーが巻かれたようなゴンゴンとした手応えは魚の鋭い首振りに違いない。
でもそのときには大本命のサクラマスのことは頭にはなく、
とにかく打ち寄せる波に乗せて寄せることだけを考えてリールを巻いていました。

  「メガネが濡れてて何も見えん!!」

  「魚どこ???」



見つけたラインの先の波打ち際に魚が跳ねていました・・・・・・・・・。


釣れちまった!

気が付くと足元にはギンギラギンの大きな魚が横たわっています。

  「おめでとさん。サクラマスです!」

釣友の声。興奮もせず、かと言って冷静でもない当blog管理人。とりあえず釣っちまったようです。

  「そう!釣っちまった・・・って感じ。」

まだそんなに嬉しくもないのに釣友に万歳して見せる当blog管理人。
ブログ用にとりあえず魚の写真を撮る当blog管理人。
「ブツ持ち撮る?」って言われて、我に返る当blog管理人。
廻りのアングラーに 「良い魚ですね~。」 って言われて 「初めて釣りました!」 って
噛みあった答えになっていない当blog管理人。


54センチの海サクラ

フックはがっちりとかかりすぎて眼球を貫いていました。リリースは無理なことはわかっているのに
「この魚どうしよう?」 と釣友に聞いている当blog管理人。
そう言えば、50センチのブラウンを釣ったときにも彼に同じことを聞いたことを思い出しました。
「初サクラは絶対に持って帰って食うっ!」 って決めていたこともすっかり忘れて、
釣友に持って帰ってもらうことにしました。今思えば、こいつを食べる気にならなかったみたい。


人生初サクラマス!

写真を3枚撮っただけで頭をぶん殴って〆てビニール袋へ。そして砂の中へ埋めて一時保管。

今、すっごい後悔してます。もっと撫で撫でしたかったなあ・・・初サクラ。
もっといっぱい写真を撮ればよかったなあ・・・初サクラ。

いったいどうやって釣ったのかよく覚えていないけど本命を釣ってしまいました。
サイズはサクラマスとしては普通の54センチ!
釣友にどうだった?と聞かれてもジグ投げて、気が付いたら竿がゴンゴン引きこまれた・・・
としか答えられませんでした。でもこいつはあまり走りませんでしたね。
ドラグはきつめに締めていたので 「ジリッ・・・ジリッ・・・」 としか出ませんでした。
ロッドもパワフルなので意外とあっさりすんなりと上がってきた印象です。


久しぶりのブツ持ちです!


当blog管理人にはめずらしい、まさかまさかの大本命GET釣行!
皆さん!意外でしたか~?(笑) 調子はアゲアゲ上り調子の一方通行!
これからもこの調子でガンガン行きますよー!!(爆)

でも本日・・・・・・・、肩が上がりません。(苦笑)


Rod ・・・・・ DAIWA Labrax 11M 
Reel ・・・・・ DAIWA CALDIA KIX 3500
Line ・・・・・ BERKLEY FireLine 18LB
Lure ・・・・・シャウト ダンガンジグ 40g



いよいよ出番です!

いよいよデビュー

なにやら大荷物ですね~。どこ行くんでしょう?
って、ロッドケースでバレバレですね。

さて明日、いよいよ待ちに待った海サクラ釣りに行ってきます。
昨年も行った道東方面のポイントへいつもの釣友と一緒です。
いつものと言っても、昨年のこの海サクラ以来だからほぼ一年ぶりですかね。

でも天気が悪いんだよなあ。アメオトコですから仕方がないですが・・・。
潮は大潮明けの中潮。マズメに満潮を迎えてその後お昼にドン引き。
日が暮れてから再び満潮って潮廻り。
お昼のドン引きぐらいに現地入りして日が暮れるまでやる予定。
その後、天気と気分次第では車中泊して朝のマズメをやろうかと目論んでいます。

釣れたらラッキーですが、釣れなくても仕方がない釣りなのでのんびりやってきますヨ!!

独り言が大阪弁に

当blog管理人はスカパーに加入しています。仕事から帰宅するとずっと釣りビジョンを見てます。
見ているとやたらと関西弁ばかり飛び交ってるんですよ。ナレーションも関西弁。
番組中の7割方は関西弁じゃないんかなあ・・・。関西の方が釣り場が多いんかな?

そんな番組ばっかり見てたら関西弁が耳に慣れてきて・・・知らないうちに独り言が関西弁に。
昨日も思わず 、「何で (車) 3台もおんねん!」

イントネーションもおかしくなってきました。(九州の訛りが抜けてしまいました。)
職場にも関西人がいてて、そいつとしゃべるとつい・・・。
これまではそんなことはなかったんだけどね。

知らない人もいると思いますが、実は私は大阪で生まれ中学まで大阪に住んでました。
なので関西弁がつい口をついて出てくるのはアタリマエと言えばアタリマエ。
でも北海道に住んでいる期間がいちばん長いので、当blog管理人にとっては北海道弁が
標準言語であったつもりでしたが・・・テレビの力は恐ろしいですね。(笑)

新規ポイント開拓へ!

今日は子供の児童手当の手続きのために役場に行かなくてはならない!
ってことで早めに仕事を切り上げ、ちゃっちゃと用事を済ませて・・・
次に向かうところは当然いつものポイントです!!(笑)

  「でもなぜか車が3台も止まってました。」(苦笑)

では新規ポイントの開拓に行きましょう!ってことで上流へ車を走らせました。
がっ・・・・・・どこにも川へ通ずる道がありません。とうとう上流のダムサイト近くまで来てしまいました。

ここにはすっごい良い支流が入ってるんですよ。
橋の上から覗いてみても綺麗な川筋がクネクネと上流へ向かっています。
川へ降りる道路もついています。ここで釣りしてぇ~~~!!
(写真は無しよんっ!ポイントバレバレになっちゃうから。)

がっ・・・・・・ここはダメなんですよね~。
ヤツがいるんですよ。今度、大勢で釣りに来ましょう!!(笑)

さてさらに上流に向かうと・・・通行止め!!どこもかしこも通行止めでおもしろくないっ!!

下流まで降りて対岸も車を走らせましたが川へは到達できず。
これは川沿いに歩くか、どこまで行けるかわからないガタガタ堤防を車でトコトコ走るしかないのか。
でもこれって・・・手付かずのポイント満載ってことじゃない??

車で堰堤を走るか、歩いていくか迷うところではありますが、今度狙ってみたいと思います。
でもいつもの ”ちょい釣り” じゃ時間的に無理だね。(笑)

今日の焼酎 「造り酒屋 櫻井」

造り酒屋 「櫻井」

これはちょっと簡単には手に入らないのではないかなあと。
宮崎からの転勤のお餞別に鹿児島出身の同僚からいただきました。

これを飲むのをすっごい楽しみにしていたので・・・
あれこれ買ってきたいちばん最後に封を切りました。さてまずはいつものとおり水割りを・・・

口に含んだ瞬間は 「おっ?ちょっと癖がありますね~。」 って感じなのですが、
飲み進むにつれ、この滋み豊かな香りが身体に染み渡っていくような不思議な感覚。
華やかなのに柔らかく、しかもキレがあり後味が良いとても美味しいお酒です。

巷で美味しいと言われている焼酎は、この酒のように日本酒の吟醸香を思わせるような
華やかな香りを纏うような気がします。その香りにも酒蔵によって微妙に違いがありますね。

続いてお湯割りでもいただいてみました。

これは・・・・・・めちゃくちゃ旨いです!!
水割りのときに感じた華やかな香りが芋であったことを再認識させてくれます。
いやいや、こりゃあ幸せの絶頂ですネ!!


PS 前回、酷評したアサヒですが、お湯割りだとピリっと辛口な感じでけっこうイケましたよ。(笑)

「アメのダム湖」釣行 20.6.14

あいにくの雨模様

朝3時前に起きました。 ん? 起きた??
釣りの前の日の当blog管理人は大抵の場合、嬉しくて眠れないんですよネ。(笑)
でも今日は寝付くことができました。夜中に何度も目が覚めましたけどね。

さて窓の外を眺めてみると雨が降っています。アメオトコの面目躍如ってところか。
北海道の朝は早く、もうすでにマズメが始まっています。釣りクラブの先輩が迎えに来たので
Let’s Go!!

今回の釣行予定のダム湖はダート林道を30km近くも走らなければならない場所。
途中、エゾシカが何度も車の前を横切ります。当然、黒い親父のテリトリー内に入り込むことに。
車中、中学生の頃からルアーを始め、船釣りでもエサでも何でも来いという
経験豊かな先輩の話を聞きながらの行程だったので、かなり長いダートもあっという間。

先週、先輩が来たときには2時間くらいの間に40センチ以上を8本釣ったとのこと。
期待いっぱいにさっそくポイントに降りてキャスト開始。まずは金系スプーンで探った後、
オレンジカラーのシュガーディープにHIT!20センチ強のチビアメマスくん。

  「幸先いいぞ~~!」

今日はもっとでかいのを釣る予定なので撮影せずにリリース。
そう・・・これからもバンバン釣れる予定だったのです。

ミノーのローテを繰り返し連続するはずのバイトを待ちますが、まったりとした時間だけが過ぎていきます。早朝からの雨は降ったりやんだりとこちらも相変わらず。さっぱり動きがないのでポイントを移動することにしました。

雨が上がりました。 雨が上がりました。

岬を回った場所に移動すると、なんと職場の先輩が親子でロッドを振ってました。
お揃いのレインウェアを着てました。なんだかちょっと羨ましい・・・。

ここで雨が上がり、辺りが明るくなってきました。風も少し吹いてきました。
状況が好転すると良いのですが・・・・・・と、魚がルアーを追ってきました!
しかし当blog管理人と目が合ってしまって大急ぎで湖底へ帰っていくアメマスくん。
再度同じ場所を通すと再びルアーを追ってくる純なアメマスくん。
綺麗な魚体を躍らせ、白い縁取りの胸鰭をいっぱいに拡げて大きく口を開けてバイト!
タイミング良くアワセてやると・・・・・・すっぽ抜けました。(笑)

アメマスくん

魚の活性が上がったようです。先輩も連続してHITさせています。
よーし!俺もっ!とここで待望のHITです。

写真では斑点が飛んでますが、32~3センチのアメマスでした。
ここのアメマスは背中の色が綺麗な青緑なんですよ。
寄せてくるときに鮮やかな背中の色が湖面に映えます。
と思って、背中の写真も撮影してみましたが・・・

アメマスくん

うまく撮影できませんでした。(苦笑)
どうもネットに入れてしばらくすると背中の青が抜けていくような気がします。
でもこいつはコンディションも良い綺麗な魚でした。

  「よーし!連続で獲るぞ~~!!」

しかし時合は長く続きませんでした。またまた雨が降り始め、魚からの応えはなくなりました。
暖かい雨が降りしきる中、一心不乱にキャストを・・・・・いいえ!(笑)
本日最初のポイントは問題ないのですが、2度目のポイントはすぐ背後に深い森を背負う形。
当然、今まで忘れていたヤツの存在感が 「ぐっ!」 と大きくなるのです。

先輩たちがロッドで差しながら、

  「前、あそこの沢で吼えられたさぁ。こっから向こうは気持ち悪いから行きたくね。」 

  「エサつりのおっさん達はクーラー ”ちょされた” (いじられた) ってよ。」

  「あそこの対岸から泳いできたってよ。」 
と話しています。


  「おお・・やだやだ・・・。」(笑)


そろそろ、帰る時間が近づいてきました。実質あと1時間です。
あまりにも雨が強くなり過ぎると帰り道の林道が心配です。
そろそろ欲しいなあ。ニジマスもかけたいなあ・・・と思っていたらHITしました。

アメマスくん

長さはあと2~3センチで40センチというサイズでしたが、なんとも痩せています。
ダム湖のアメマスには良くみられる魚体ですが少々がっかり。

最後は沖目のニジマスで一発逆転を狙い、14gスプーンを遠投しましたが反応なし。
ということで本日の6時間の釣行は終了となりました。
天候のせいか魚が移動したのか、ベイトの姿が皆無だったのでどちらもアリっぽいのですが、
今日はあまり釣れる日ではなかったようです。
でも綺麗なブルーバックのアメマスにも会えたし、とても楽しい釣行でした。

また雨が・・・



Rod ・・・・・ FENWICK WorldClass 77S-2J "RAINBOW" 
Reel ・・・・・ SHIMANO 02'TwinPower2000
Line ・・・・・ MORRIS Varivas Supertrout Advance VEP 10LB
Lure ・・・・・ BASSDAY SugarDeep70F、LUCKY CRAFT B'Freeze-F LongBill、
        SMITH Wavy60S

明日が待ち遠しい?

明日の準備

けっこう釣り道具を広げたつもりでしたが、写真にするとそうでもないですね。
写真の撮り方を間違えたかな?撮り直そうかな??(笑)

さて、今日はいつもの ”ちょい釣り” はひと休み。明日に備えてタックルの準備中です。
明日はどこのフィールドに行くのでしょうか。

答えは・・・・・職場の釣りクラブの先輩とダム湖に行くことになりました!
先輩は先週も行ったそうですが、2時間ほどの間に40センチ以上の魚を8本上げたそうです。

これはすっごい楽しみですね~!!

明日の出発はなんと朝の3時半だそうです。(笑)
こんな時間に釣りに行くのは何年ぶりなんでしょう。つーか普通だよね。(笑)
いかに今まで適当な釣りばっかりしていたかが良くわかります。
でも、朝起きるのがしんどいんだから仕方がないです。
遊びに行くのにしんどい思いはしたくないですからね~。(笑)

でも当blogの古い読者の方ならお分かりと思いますが・・・今晩は・・・・・・、

  「たぶん嬉しくて眠れずに貫徹すると思います!!」(爆)

今日のちょい釣り 「H20.6.12」

今日の夕暮れ

最近天気が穏やかで、仕事の方も穏やかで・・・なので
またまた ”ちょい釣り” に行ってきましたよ。今週は毎日夕方出勤ですね~。(笑)
今日はいつものポイントへ行ってきましたが・・・・・・やや水が多く濁り気味ですなあ。

いつもの橋脚から始めたけど反応なし。ここは出ないのか?
少し歩いて対岸のテトラの際をめがけて遠投! 着水! トゥイッチ! HIT!!(笑)
前回のパターンとまったく一緒です。またまた茶色いヤツかな?
と思いながら寄せると中央の速くて強い流れの中で痛恨のバラシ。

  「まあいいや・・・小さいし。」

一匹でも釣れてると余裕ですね~。(笑)
推定28センチってところでしょうか。魚種は不明です。

そうそう。今日はスプーンで通してみることにしました。理由は?
昨日の記事をご覧になった方のお察しのとおりでございます。(笑)

スプーンを対岸へ大遠投し、そのまま沈ませてナチュラルドリフト後、
流れを横切らせて回収って感じで数メートルづつ下流へ移動していきます。
対岸の柳の木の下ギリギリに着水させたいんだけど、距離がありすぎてサミングの加減が
よくわからない。でもなんとなく良いところに入ってます。(笑)

流芯を横切らせて逆引きに入った瞬間に・・・明確なバイトが!

  「再びHITでございま~す!」(笑)

今度はなかなかの型のような気がします。推定40センチ弱。
ドタドタと暴れる様はたぶんアメマスじゃないかと思われます。
魚を寄せてランディング体制に入ろうとしたときに!

  「再びバラシでございま~す!!」(大笑い)

  「嗚呼ぁぁ・・・これは悔しい・・・。」

スプーンを水面に叩きつけて悔しがる夕暮れの当blog管理人。

しかし・・・今日はなかなか調子がいいぞ。15分くらいのうちに2バイトですから。
テンション上げ上げでさらに下流へ。おっと!対岸の下流にアングラー発見!釣れてるのかな・・・。

いつもの折り返し地点はさっきのアングラーがやってたので軽いチェックだけに留めて、
今度は上流へ戻りながら再びスプーンを流していると・・・・・HIT!!!
さっきのバラシの後にフック交換したので今度はバレないだろうけど軽く追い合わせ。

綺麗なアメちゃん

ドタバタとネットインしたのは27~8センチ程度のアメマス君でした!
う~ん!!なかなか綺麗な魚です。透き通るような青色の魚体。
小さくてもアメマス大好きの当blog管理人はニッコニコです。(笑)

  「いや~嬉しいです!」(笑)


アメマスくん


アメマス2


30センチにも満たない程度の、かつては鮭の卵や稚魚を食べる害魚扱いだったアメマスですが、
いっぱい写真を撮ってしまいました。久しぶりのアメマスですからね。(笑)
ちなみに当blog管理人のアメマスレコードはニセコの昆布川で釣った40センチ。(小さっ!)
この調子だとレコード更新は近いですね。

帰りにもう一度橋脚廻りを攻めてみると、15センチ程度の茶色いヤツが釣れました。(笑)



Rod ・・・・・ TOFLS Sugerstick SS70L 
Reel ・・・・・ SHIMANO 02'TwinPower2000
Line ・・・・・ MORRIS Varivas Supertrout Advance VEP 10LB
Lure ・・・・・ 忠さんBite


今日のちょい釣り 「H20.6.11」

今日の釣り場

昨日、1本釣れたので気を良くして今日も行ってきました。(笑)
今日は場所を変えて幅広く太い流れが数百mにわたって真っ直ぐ続くポイントです。
流れの中のちょっとした弛みに潜むニジマスを狙うイメージでキャスト開始。
ただ、足元がブヨブヨのドロ砂地なのがやや気にはなりますが・・・。

ミノーが流れを横切るときにかなり左右に揺れます。複雑に流れが絡み合っているようですね。
これはかなり期待が持てそうな感じです。

さて、20mほど上流に弛みを発見。休息している魚がいるのではとキャスト。速攻で根がかり。(笑)
でも当blog管理人には先輩からもらった秘密兵器があるのさ。
ルアー回収器を四苦八苦しながらラインにセットして・・・・・・・

  「行け!ルアー回収器!!」 (もうちょっとカッコいい名前をつけてあげようかな。)

しかし名前が良くないのか、ルアー回収器 (名前を募集中) がラインを滑って行きません。
ここで当blog管理人は重大なことを発見してしまいました。

 1.ライトなロッドだとルアー回収器の重みでロッドが曲がってしまい、
   ラインがたわんでしまってルアー回収器が途中で止まってしまうこと。
 2.立ち位置から遠い根がかりはラインに角度ができないので
   やっぱりルアー回収器が途中で止まってしまうこと。

今回はこのふたつの条件が揃ってしまいました。(汗
根がかりのそばに近づこうにも足元がブヨブヨのドロ砂地なので前へは進めません。
昨日、北海道初の魚を連れてきてくれたファリーナ君をロストしてしまいました。(大泣き)

ファリーナをロスト!

          (亡きアイマのファリーナ君)

これでかなり心が折れそうになりましたが、リッジ90SSをセットして再びキャスト開始。
しかしロストしたことが頭から離れることなく30分もしないうちに竿を納めました。

大きなミノーは高価だし、ボックスの中の存在感もかなり大きいのでロストすると
ショックも大きいですネ。

今日のちょい釣り 「H20.6.10」

今日のちょい釣り

さ~て、久しぶりのタックルの写真ですね~。(笑)
今日もまだダメかなぁ・・・と、仕事帰りに川を見に行ったら・・・

  「拍子抜けするほど減水してました。」(笑)

これまででいちばん少ないんじゃないかな? でも濁りはまだあるよ。
それでも余裕で釣りになる程度の濁りなので、作業服の上にウェーダーを履いてレッツラゴー!

いつものように橋脚の廻りから攻め始めて徐々に下って行きます。
ドーンと流れが集まって大きく巻き返す辺りに潜む大アメマスをイメージしながらキャスト。
そして集まった流れが再び広がる辺りには50センチUPのニジマスをイメージ。

すると・・・開きから 「トン・・・トトン」 という生体反応が!!
すかさずアワセを入れてやりました~~~! が乗らず。 残念!!
でも北海道に来てから初めてのバイトです。 今日は期待ができそうです。

対岸にボサと深みがある場所を下りながら遠投しながら探って行くと・・・・・・反応なし。(笑)
でも今日はなんだか行けそうな気分です。

仕事が終わってから夕暮れまで約1時間のちょい釣り釣行。
いつもの折り返し地点となる低い堰堤崩れのポイント。ちょっと浅いけど魚が一休みしそうな場所。
足元の深みにルアーを通してチェックした後、対岸のたるみをめがけて大遠投。
着水後、 「カカカカーン」 とトゥイッチを入れると 「トン・・・」 という感触。
あわせるとロッドに重みが乗り、バシャバシャと水面を割ったのは~~~??

  「魚でしたーーーー!!」(笑)

7Ft ロッドに10lb ラインというハードタックルが水中の魚を引きずるように引き寄せ、
難なくネットイン。 さて北海道初の魚は何でしょう?? 答えは・・・・・・・


  「こいつだー!」



北海道での初釣果!

カンツリの写真じゃないですよ~。(大笑い)
なんと北海道初の獲物はブラウントラウトでした。北海道らしいと言えばらしい魚です。(苦笑)
当blog管理人が大好きなアメマスじゃなかったのはちょっと残念だけど。


ブラウントラウト

リールが手前に写っているのでずいぶん魚が小さく見えますね~。
こいつはおよそ30センチ程度の魚でした。やっぱ小さいですね。
当blog管理人がフィールドで獲ったブラウン最大魚は50センチ。まだまだです。(笑)

でもやっと釣れました。これでかなりホッとしましたよ。(笑)




Rod ・・・・・ TOFLS Sugerstick SS70L 
Reel ・・・・・ SHIMANO 02'TwinPower2000
Line ・・・・・ MORRIS Varivas Supertrout Advance VEP 10LB
Lure ・・・・・ ima Farina 90SR


今日も偵察

今日も仕事帰りに近所のポイントへ偵察に行ってきました。
今度はウェーダーを履く前に川岸まで歩いて下見してきましたよ。(笑)

う~ん・・・・・水量は少し落ちたけど、まだチャラ瀬の石がやっと見える程度の濁り。
これをどう見るかは人それぞれだろうけど、当blog管理人は見送ることに。
北海道は陽が落ちるのが早いから遠くまでは行けないし、ガソリンもスッカラカンだし。

漁港で夜のソイ狙いって手もあるんだけど、なんだかめんどくさい。
もともと夜釣りは好きじゃないし。とは言いつつも、ワームを少しづつ揃えておりまする。(笑)

そろそろ根魚はハイシーズン突入のようですよ~。
週末になると札幌からの釣り会のバスが大挙して押し寄せて来ていることでしょう。
でもそんな話を聞くとやる気なくなっちゃうんだよね~!(笑)

爽やかな空の下で

青空の下の運動会

今週末は下の娘の運動会のために自宅へ帰ってました。
(当blog管理人は単身赴任中です。)

実は先週末は上の中学生のお姉ちゃんの運動会でした。
めっちゃくちゃ寒くて、しかも小雨混じりという最悪の状況でしたが、
今日はジリジリと太陽が照りつける耐え難い暑さ!
もちろん寒いよりはずっといいですよね~!(笑)

下の娘はこれが小学生最後の運動会。
つーことは、当blog管理人にとっても小学校の運動会を見に来るのはこれが最後となります。

いや・・・・・・・

20年後くらいには孫の運動会を見に来るのかな?(大笑い)

今日は北海道にしてはやたら暑くて参ったけど、
かみさんと上のお姉ちゃんと3人で妹の運動会を見たのはこれが最初かな?
いずれにしても楽しい一日でございました~。(笑)

さて、運動会も終わったので春の大きな行事はこれで終わり!
ようやくこれからの週末は釣りに使うことができそうです!!

まだ濁りが抜けないのか?

どうも頭痛い。喉痛い。なんだか顔が火照って汗がにじんできたりして。
風邪ひいたか?仕事をとっとと片付けて、「さあ!お家に帰ってゆっくりしよっ!」

と車に乗ったとたん、なぜか川へ向かいました。(笑)

運転しながら橋の上からのぞいてみるとなんとかやれそうな感じ。
しっかりとウェーダーを履いて、いざ出陣!
川面に立つと・・・・・・まだけっこう濁ってるなあ。

  「つーか、水・・・多いしっ!!」

試しに水に入ってみましたが、とても渡渉する気になりません。
で、あっさりと諦めて帰ってきました。

まだ上流のダムが濁ってるんだろうなあ。見に行くのはめんどうだから行かないけど。
ガソリン代もマジでシャレにならない170円台だし。

皆さんも楽しみにしてるだろうけど、(最近ちょっとだけプレッシャー)
当blog管理人も早く北海道のネイティブトラウトの顔が見たいです!!

今日の焼酎 「アサヒ」

焼酎「アサヒ」

久しぶりの焼酎ネタです。最近、あんまりお酒を飲んでないんですよ。
ご飯もあんまりまともに作ってないし。飯ネタも最近はないでしょ?(笑)

さてこの焼酎。宮崎からの帰省時にここの酒蔵のそばを通るので前から気にはなっていました。
今回、宮崎から北海道に引越しのときに買って荷物に放り込んできましたよ。
値段はかなり安いのでお味の方はあまり期待していませんでしたが、
九州の芋焼酎は何を飲んでも美味しいので、きっとこいつも・・・・・・・・

これはかなり・・・・・・・

ダメです。(笑)

口に入れた瞬間だけさっぱり系だけど、
妙な甘みとアルコールのピリピリ感と後味の悪さとで・・・美味しくないです。
九州とは言え、あんまり美味しくない焼酎もあるんですね。つーか、
当blog管理人の口に合わないだけかもしれないので辛口コメントの件、ご容赦くださいマセ。


 PS お湯割りだとちょっと辛口な感じで飲みやすかったです。
    こいつはお湯割りで飲むことを前提にしているのかもしれないですね。

「エッサマンに大変身釣行」 20.5.30

カジカが釣れました。

職場の釣りクラブの懇親大会に参加しました。○○からわざわざ十勝の釣り堀までの大遠征です。
とは言っても当blog管理人は帯広の自宅からなので30分あまりで現地到着。

今回はなんと!釣り堀のエサ釣りに挑戦です!
エサのイクラだけ自分で釣具屋で調達して、道具は先輩に一式借りました。
支払った金額分だけニジマスを放流してもらって釣り開始。
しばらくすると廻りでポツポツと釣れ始めました。
しかし私は慣れない長竿に四苦八苦しているうちに仕掛けが引っ絡まってしまい、
頃合いを逸してしまいました。さらに・・・
道糸が長すぎて魚がかかっても抜きあげることができないのでラインを短くしました。

  「短すぎました。」(笑)

エサを付けようとしても手が届きません。リールがついてないっていうのは不便です。
ほんとにド素人です。恥ずかしかった・・・。

そのうち小さな池の魚はほぼ釣り切ってしまったので池を渡り歩きましたがぜんぜん釣れません。
しかもエサ釣りはどうも針を飲まれてしまうので精神衛生上良くありません。
先輩方に聞いてみると 「仕方がない」 とのこと。まあどうせ全部持って帰るんだけど。。。
針が魚の腹に残ってしまうので針を換えようにも針の結び方がわかりません。
先輩に教えてもらうと、なんのことはないハングマンズノットでした。(笑)

ちなみに道糸を短くしたときにダブルライン(ちち輪)は得意のスパイダーヒッチで作りました。(笑)
でも "ちもと" にどうやってつけていいかわからず聞いてみると・・・超簡単ポイでした。(爆)

結局、思ったよりは釣れず、悔しいからマジでノベ竿買おうかなと思ったり・・・。
でも勉強になることもあってなかなか楽しい一日でした。すっげ~寒かったけど。

そうそう!冒頭の写真ですが、ニジマスが釣れなくなるとこいつばかり釣れてきました。(笑)
綺麗な水にしか住まないらしいカジカ君です。こいつも食べるとなかなか美味しいんですけどね。
Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。