スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総括!

さて、今年もあと少しで終わりですね。 皆さんの2008年の釣りはどんなだったでしょう?

当Blog管理人の今年の釣り初めは大分県の九重フィッシングリゾートでした。
今年最初の釣りは九州のカンツリだったんでしたねえ。 師匠t-fukuさんとの久しぶりの釣りでした。
kcsgさんとの九州北部の釣り歩きではお世話になりました。 釣れないコンビはまだ続くのか!?
初春はYO-HEYさんの渓でヤマメと遊んで、4月からはなんと転勤により北海道で暮らすことに!

5月頃から近所の川で本格的に釣りを開始。 ダム湖のアメマス。 然別湖のミヤベイワナ
そしてなんと初挑戦で海サクラをGET!! さらに連続キャッチ!!

夏は近所の川の大増水によりぜんぜん釣りができず、海のロックフィッシュに挑戦しようと
ワームを買い集めてはみたものの全然やる気なし。 どうも海とは相性が合わないらしい。(笑)

やがて近所の川の濁りが収まり、また日参しましたが、釣れてくるのは茶色いヤツばっかり。(苦笑)
娘とのカンツリも楽しかったな。 そうそう! 念願だった十勝川のアメマス釣行にも行きましたね~。

で・・・今年いちばん印象に残った釣行&魚は何かっ! と言うと・・・・・

はなはだ残念ではありますが、やっぱりあのクソ重たいキバゴンでしょう!(爆)
もう二度と掛からないで欲しいモノです。 ハイ。


さて来年は!!


いちばん釣りたい魚は近所の川で60UPのスチールヘッド。 その次に70UPのアメマス。
今年は叶わなかったカラフトマスやイトウも狙いに行きたいですね~。できれば渓流にも行きたい!
本格的にロックフィッシュにも挑みたいです。 のんびりとチカ釣りなんかもいいですね。

皆さんの今年の釣りはいかがでしたか? 来年のターゲットは??


スポンサーサイト

せいや~っ!

12月24日の夜。

普通に・・・いや、いつもより質素な夕ごはん。

ウインナーと限界寸前のモヤシの炒めモノ。

そして半丁の冷奴。

キャベツの味噌汁をどんぶり一杯。

そして土鍋の冷ご飯をイカの塩辛で掻き込む。

茶碗を洗ってからウーロン茶を飲みながらテレビを見て笑って。。。

その後は同僚に録音してもらったローリングストーンズ。


  「あぁ~楽しい夜だ~!!」(爆)


今日のちょい釣り 「H20.12.23」

寒い!

今日も釣りに行ってきました。 場所は最近通っているところです。
ポイントに着く直前から、ものすごい雪が降ってきました。 帰ろうかなあ・・・。

車を止めて釣り支度を整えている間にすでに当Blog管理人は雪だるま状態。 (笑)
雪だるま君は川に降りて雪を払って釣りを始めましたが、リーリングしている間にまたまた雪だるまに。(笑) こんな悪天候の中でがんばってるんだから魚には応えて欲しいところ。

しばらくすると雪が小降りになり、日が射してきました。 (ほっ・・・)
これで魚の活性が上がることを信じて何度もキャストを繰り返しますが・・・。

2~3投ごとに凍りつくガイドの氷を取りながらの釣りはめんどくさい。 でもなんか好き。(笑)
深いところの反応がないので、水深2~3mのところを下りながら釣り始めると・・・やっとアタリ。
でも残念ながら乗りませんでした。 あんまり大きくなさそうだったけどね。

日が傾き始めてまた寒くなってきました。 この辺りで3時間ほどの釣りを終了。
そして今年の釣りはたぶんこれで終了。 いちおう正月の間も釣り道具は車に積んでおくから、
暖かい日があれば釣りに出かけるかもしれないけどね。(笑)


静かな川面


今日のちょい釣り 「H20.12.21」

寒い!

昨日と同じ場所に行ってきました。 まだこれと言った実績も収穫もありません。
まだなんとなく早いような気がします。 でも川が茶色く濁ってるのでここしか釣りができないし。
ほんとはダム湖でやりたいんだけど、どこから入っていいかわからないし。

さて、またまた先客がいますが、当Blog管理人は昨日見つけたかけ上がりを攻め始めました。
かけ上がりの形は下流に向かってえぐれてみたいだけど流れがないので攻めにくい。

釣り開始当初から下流から冷たい風が吹き付けていましたが、やがて雪が降り始めました。

雪が積もった

ちょっと寒いなあ。。。 しかも魚からの反応はまったくないし・・・。 しかも・・・
底やかけ上がりの壁に根がかりが頻発。 フックが折れてしまうほどガッチリとフッキング。(苦笑)
最後には16lbのファイヤーラインが切れました。 前に十勝川で切れたのと同じ感じです。

う~ん・・・これはちょっと困ったな。。。

今日のちょい釣り 「H20.12.20」

ダム直下

週末初日の土曜日はどこに行こうかな~と楽しみにしていた前日の夜。
今朝ゆっくりと起き上がると土砂降りの雨。 マジで??

それでも釣りはできるだろうと出発。 途中の支流を覗いて見るとド茶濁り。。。
ということで下流は全アウト。 前回のダム直下へ入りました。 しかし先客あり。

先客から離れたところでキャスト開始。 でもこの辺りは浅いんだよねえ。
ダウンクロスで緩~い流れを流すと、ときどきプルプルとした小さい魚のアタリがありますが・・・。
そのうちの一匹が釣れてしまいました。 またオマエかよ~!の25センチほどの茶色いヤツ。

深場の先客が帰ったのでそこへ移動。 ボトムを取ろうと・・・取ろうと・・・取ろうと・・・・・

  「めちゃくちゃ深いっしょ!!」

底を取る前にスプーンが流れ切ってしまっています。 これはかけ上がりを攻めた方が効率的だろう
ということで、かけ上がりを探してボトムを取るうちにスプーンをロスト。
何となく集中力が途切れてきました。 山の中で一人でいるのも怖いし。。。

今日は2時間くらいやってたかな? また明日行ってみます。


ダム直下




PS 久しぶりに包丁で指を刻んでしまってキーボードが打ちにくいです。。。

変わったビールを買いました。

変わったビール

夕飯にパスタを食べた後、なんかまだ物足りない。 この満たされない感じはいったい何?
一生懸命に考えた挙句、出た結論は・・・お菓子が食べたいに違いない!!(笑)
ということで、最寄の10km先のコンビニまで出かけてきました。

  「今日はビールは買わないぞ!ビールは買わないぞ!!」

気が済むだけお菓子をバスケットに入れた後、フラフラとアルコールコーナーへ。(苦笑)

  「あれっ!? なんか変なビールがある。」

値段も安かったので買ってみました。
ついでにこれも安くて・・・20年ぶりくらいにバドワイザーも買いました。

塩辛・・・好きです。

塩辛

昔・・・若い頃はまったく興味がなかったんですけどねえ。
歳をとったら、こういうのがだんだん好きになってくるのでしょうか。(苦笑)

単身赴任を始めてから、やたらと塩辛を食べるようになりました。
去年までなら、こいつで焼酎をやるところですが、最近はあまりアルコール類は摂っていません。
別に健康 (痛い風) がどうのこうのじゃないんですけど・・・。
そのかわり家族がいる自宅に帰ると、ついついガブガブと飲み過ぎてしまいます。(笑)

こいつをひとつまみ口に放り込んで、白飯を掻き込むと本当に幸せです。(笑)



 PS とは言いつつも、今、塩辛でビール飲んでます。今年の冬も足の小指が腫れて痛痒いです。
    この感じは "痛い風" の前兆じゃないと思うんだけどなあ。。。何なんだろ??


忠さん・・・好きです。

忠さんスプーン

この時期の大河川で使用するスプーンを仕入れてきました。
とは言っても、写真のうち半分はいつもの釣友に頼まれたものなんですけどね。

それにしても・・・釣友とはルアーとかの好みが似ているなあ。(笑)
そりゃそう! 釣友は当Blog管理人の釣りの師匠だからね。
師匠と言ってもルアーの投げ方を教わっただけだけど・・・。(笑)

でも渓流のウェイビーも彼に教えてもらったし、ラインのアドバンスイエローもそう。
ロッドとリールとウェアの好みはちょっと違うけどね。
当Blog管理人のほうがいろいろとわけのわからんモノに手を出す方で、
彼は厳選した信頼を置けるメーカーのものを、さらに熟慮の末に選ぶタイプかな?

さてさて当Blog管理人はこの "忠さんスプーンBite" が好きです。
どんな釣り方でもオールマイティにこなこなすし、実際によく釣れます。
持っているスプーンのうちの大半が、この "忠さん" と "ダイワのチヌーク" 。

忠さんをオールマイティに使って、チヌークをダウンクロスの表層やボトムの転がしで使ってます。
チヌークはダウンで浮きやすいんですよね。 でも流れからは飛び出さない。
しかも細身だから沈みも早い。普通のチヌークはどこにでも売ってるしね。

ちなみに、忠さんはもったいないので "転がし" では使いません!! (笑)
これからもこのふたつを軸にがんばりますよ~!!

ミノーは・・・・・なんか本流では実績を上げることができないんだよねえ。。。
ウェイビー65Sで茶色いヤツはいっぱい釣れるけど・・・。(苦笑)

「十勝川アメマス釣行」 H20.12.13

十勝川

北海道に帰ってきたら、ぜひ挑戦したいと楽しみにしていた釣行に行ってきました。
いつもの釣友の案内で、彼がいつも大きなアメマスを釣っているポイントへ。
河口まであと10kmほどの十勝川下流の広大ポイントです。
対岸までは200mくらいはあるでしょうか。 あまりにも広くてどうして良いかわからないところですが、ここを良く知っている釣友に大雑把な地形と攻め方を教えてもらいました。

対岸まで遠いです。

ほとんど風がなくって穏やかな感じでしょ? でも気温はマイナスですよ。(笑)
これでも若干の風が吹いてるんですが、この風がピタッと止んで、水面が鏡のようになったときに
アメマスのライズが始まるんだそうです。 もちろんその時合いがチャンスです。

さて、釣り開始です! 今日のタックルはライトクラスの9ftのシーバスロッドとKIX3500に
PEラインの組み合わせ。 飛距離と大物との綱引きに有利なチョイスです。

が・・・すぐに根がかりが。。。

このポイントで実績を上げるためには、根がかり覚悟の男にならなくてはならないそうです。
根がかりをはずそうとラインを引っ張ると・・・なんとPEラインが切れました。(苦笑)
何故かほつれも見られない見事な切れっぷりです。(笑)
しかも予備のショックリーダーを持ってくるのを忘れてしまいました~!

釣りを始めた早々に目論見がガラガラと壊れてしまいましたが、
あわてずナイロン10lbを巻いたバイオマスター2500へ交換。
もう一個、PEを巻いたリールがあったんだけど、早々にPEを諦めた理由は後でお話しますね。

アメマス

ここで釣友にHITです! 上がってきたのはアベレージサイズの45センチのアメマスです。


  「おおお~。アメマスだ~。このツルツル感はイワナだ~。」


と、人が釣った魚をナデナデする当Blog管理人。 だってアメマス好きなんだもん。(笑)


  「よーし!!オレも釣るぞ~!!」


しかし、なかなか魚からの反応はありません。 ときどきコツンと来る感触に合わせると根がかり。
水中に木がいっぱい転がってるみたいですね~。そんなにロストばっかりしている訳にはいかないので、フックを自作の頑丈なモノから市販の細いモノに交換しました。
これならフックが伸びてルアーは回収できるからね。このフックを伸ばすような大物は諦めましょう。

風がないし、思いっきり着膨れしてるから身体はまだ良いけど、指先はめちゃくちゃ冷たい。
その指を時々ポケットや口の中に入れて暖めながらキャストを繰り返していると・・・

氷が流れてきました。

上流から大きな板氷が流れてきました。 これがPEを諦めた理由です。
さすがに寒いはずですよね。 この板氷は直径が10mくらいありました。

岸に当たって割れる氷

氷が足元のコンクリブロックにぶつかってバリバリと音をたてて割れていきます。


  「さっぱり釣れないわ。」


ここまで釣友がさらに尺サイズを一本追加したのみ。 周りの人もさっぱりです。
場所を20mほど下流に移動し数投後・・・HITです! 魚はあまり大きくありません。 尺くらいか。
身切れしない程度に強引に寄せると・・・バレました。(笑)

こりゃイカン! ルアーを20gのジグへ交換。 思いっきりぶん投げると・・・


  「気持ちいい~~!」(爆)


遥か彼方までルアーがぶっ飛んでいきます。 それでも川幅の三分の一も飛んでないけど。
気が付くと風がなくなり、川面が鏡のようになっています。 チャンスタイム到来か!?
ジグを底まで沈めて、ロッドをちょんちょんと煽りながらジグを流していると・・・


  「HITで~~す!」


どろんどろんとしたこの引きは間違いなくアメマスです。
ウネウネと暴れるアメマス君ですが、たいした苦労もなくネットに収まりました。

釣れました。

サイズは50センチちょいってところでしょうか。 自己ベストは間違いありません。
これまでが40センチですからね~。 明らかに60センチを超えたらちゃんと測りますよ。(笑)

その後は思いっきり遠くまで投げたジグにアタリが出るように。
しかしあまりにも遠くてナイロンラインが伸びてしまってアワセのタイミングがまったくあわず。
そろそろ日が傾き始めたので午後3時過ぎに納竿としました。

久しぶりの釣友とコーヒーを飲みながら情報交換の後、釣友がアメマス釣行の後に必ず立ち寄る
という地元のドーナツ屋へ寄りました。 店には何故か大きなアメマスやニジマスを抱えたご主人の勇姿を撮った写真が・・・。 そして地元TV局のアナウンサーの色紙がいっぱい。(笑)
その中に・・・・・「ほんなみさん」 の色紙がありました。 年に一回は来るそうで。 「ほんなみさん」 とは、ルアーで鱒釣りをする人の中では知らない人はいない程の有名なアングラーです。

そうそう。ここのドーナツは軽~い仕上がりで、いくつでも食べられるほど美味しかったです!!


地デジが来たよ!

ようやく当Blog管理人が住む田舎にも地デジがやってきました。
さすがに画質は綺麗ですねぇ!音もアナログとは違います。ふわっと前に出てくるような感じ。

  「うんうん。満足満足!」

今まで気付かなかったけど、CMとかはフルワイドじゃないのもかなりあるのね。
両サイドに黒い枠が入っちゃうんだわ。なんか設定の仕方はあるんだろうけど、
なんかちょうど良い設定方法がイマイチわからない。
せっかくのフル画面の放送を優先したいのでこのままで行きたいと思います。

今夜は地デジでTOYOTAカップ (今は言い方が違うんだっけ?) でも観ましょうかね。
クラブ世界一なんて言ってますが、各チームともあんまり気合は入ってないとは思いますが。
気合入ってるのは放送している局だけだったりして・・・。(笑)

ペンネのカルボナーラ

ペンネのカルボナーラ

生クリームが余ったので使い切らなくては!っと、仕事中から考えてました。(笑)

うちに帰って、さっそく卵の黄身と生クリームを大きなボールの中で混ぜ合わせ、
ボールをストーブの上で軽く暖めながら粉チーズを溶かしてそのまま保温。

フライパンでベーコンとニンニクを炒めながら、さてパスタを茹でようと・・・茹でようと・・・


  「あれっ???」


何で普通のパスタがないねん!?



  「普通のサイズのパスタがないじゃん!!」


何じゃこりゃ? しかも何で買った覚えもない 「カッペリーニ」 なんかあるんだよっ!
こんなサイズじゃあサラダパスタしか思いつかないじゃんか!
つーか、そんなもん作ったことないし。

仕方がないので今回はペンネで作ってみました。


が・・・


  「これ・・・めっちゃ美味しいです!!」(笑)
  

今回はソースもとても美味しくできました。(笑)

ラーメン食べました。

喜多方ラーメン

以前にも話した、もらいモノのラーメンを作ってみました。 今度は喜多方ラーメンです。
(もうずいぶん前の話なんですけどね。。。)

喜多方ラーメンを初めて食べたのは東京の新橋のガード下。(笑)
けっこう美味しくて何度か食べに行った記憶があります。

この手のラーメンは安心感がありますね。 ハズレがあまりないという。。。
これも自分で作ったわりには美味しかったですよ。

実はこれの前に博多ラーメンも作ったんです。 わざわざキクラゲを戻したりして
がんばって作った甲斐あって美味しかったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。(笑)


今日のちょい釣り 「H20.12.8」

下流域

2日連続で釣りに行って参りました。近所のポイントで濁り具合を確認すると、
まだ濁ってますが昨日よりは青く見える。これなら下流でも釣りになりそうです。

さて15分ほどでポイントに到着。様子を見に行くとルアーのおっちゃんが。。。
様子を聞いてみたけど芳しくないらしい。対岸に渡ったほうが良いよ! とのことなので、
素直に移動して対岸のポイントに入りました。

橋脚もあるしなかなか良さ気な流れです。でも目の前にエサ釣りのおっちゃんが・・・。
なるべくおっちゃんの釣った後を釣る様に気を使いながら釣り開始!
スプーンを流れに乗せてターン。沈ませながらシェイク。ボトムをコツコツと感じながらドリフト。

  「なかなかアタリが出ません。」

いや!つーか、今日は風が冷たいです。向かい風で辛いです。対岸に渡りたいです。
耐え切れなく程冷たくなる指先を時々ポケットに突っ込みながらの冬の北海道の釣り。
気候は厳しいけれど、どこかのんびりした感じです。

突然、目の前で魚が跳ねました。大きさ・・・5~60センチ。白っぽかったなあ・・・なんだろう?
でもこいつのおかげで俄然やる気が出てきました。おっと!今度は橋脚でライズだぁ~!
この川でライズを見るのは初めてかもしれません。(笑)

橋脚の上流に回りこみ、橋脚に絡まった木枝をかすめるようにルアーを流すと・・・


   「ゴツ!・・・ゴツゴツ!・・・ゴンゴンゴンゴン!!!」


  「HITで~す!!」



そいつは一気に下流に走ろうとしたけど、意外と長く走ることなく首振りを続けています。
首振りの衝撃回収はロッドに任せてジリジリと寄せに入りますが・・・めっちゃくちゃ重い!!
ときどき "ず~ん" と重たい突っ込みで底へ潜ってしまい、なかなか浮いてきません。
鋭い走りはしないんだけどトルクのある突っ込みと激しい首振りをかわしていましたが、
ここで足元まで魚が寄り、PEとショックリーダーの結び目が見えた一瞬!魚の姿が見えました。

が・・・魚種は不明。大きさは60センチは軽く超えてます。
しかし次の瞬間、魚が初めて上流に走り、またすぐ手元へ戻ってきました。
ここでほんの一瞬ラインテンションが緩み、あわててリールを巻いてロッドを立てた瞬間!

  「バレました。。。」

もう、右腕と右肩はパンパン。ちょびっと腑抜けたように護岸に座り込んでタバコを一服。
ルアーにセットされていたフックを見ると純正のフックのカエシを潰したやつ。
伸びたりはしてないけど当Blog管理人が信頼を置いているものではない。

すぐに自作の大きなフックに交換して、キャスティングを再開。
今度は橋脚の下流部に引っかかっている枝の脇にスプーンを落とすと、いきなり


   「ゴツッ!!」


思いっきりアワセをくれてやると、ラインの向こうのヤツが 「ビヤーーーッ」 と走り出しました。
今度のヤツもどこまでも走り続けるわけではないんだけど、さっきのとは勢いも重さも違うぞ!
そして次の瞬間には猛烈な首振り。9ftのシーバスロッドのティップがゴンゴンと水面に引き込まれます。

  「それにしてもこいつは・・・猛烈に重たい!!」

さっきのヤツよりもかなり重い! ロッドグリップを脇に挟み込み、右手と左手を交互に使いながら
ゆっくりとロッドを起こしてリールを巻くけど、すぐに魚にラインを出されてしまいます。
魚は4~5m先にいるんだけど底へ底へと突っ込むのでなかなかその姿を見ることはできません。

  「このあたりでちょっとイヤ~な予感がしてました。」

満月に曲がったロッドを眺めながら一進一退のやり取りをすること15分。
ようやく魚が浮いてきました。その姿は銀鱗などすでにどこにもない、ものすごくでっかい魚体。


  「やっぱりオマエかよ~~!!」


しかも雄じゃん!!重たい訳だよ。まったく。。。
その後、護岸脇に寄せるまでに数度の攻防があった挙句、ようやくグロッキー状態に。


  「こっちもだけど。。。」(苦笑)


斜め護岸に馬鹿でっかい頭だけを乗せてちゃっちゃとルアーをはずし、さっさとリリースしてやると、
ヤツはヨロヨロと流れへ戻っていきました。
おおよそですが80センチを優に超える身体。 オマエは海獣か!?ってなくらいのでっかい牙。
当Blog管理人の太股より太い体高。 素晴らしい魚ではあるけれど、はなはだ残念!!

それにしても下流域では12月でも危なくって釣りできませんねぇ。。。

今日のちょい釣り 「H20.12.7」

初のポイント

昨日は職場の釣りクラブの忘年会。楽しいひと時を過ごさせていただきましたが、
夜中の1時までやってたのでちょっと飲みすぎでクタビレ気味。(苦笑)
布団から這い出してきたのは10時半頃。外は風が強く、雪が降っています。
そんなとても良いとは言えない天候の中、出かけてきましたよ~!

向かったのは先日、散歩をしながらチェックしていたポイント。
車を降り、横殴りの雪が顔に吹き付ける中、川まで下見に出かけると・・・・・

  「濁ってる・・・・・・・・。」

昨晩、少し強めの雨が降ったんだよねえ。。。
やろうかどうしようか迷ったけど今回は諦めました。寒いし・・・。

どうしようかなあ・・・?帰ろうかなあ・・・? と迷いながら車を上流に走らせ到着したのはダム直下。
この川では有名なポイントなのでこれまでは避けてきました。

  「当Blog管理人、ヘソが曲がってますので・・・。」(笑)

幸い他のアングラーの姿はありません。ゆっくりと支度を整え、辺りにクマ跡がないかを確認して
からキャスト開始。今日のロッドは久しぶりの登場となる9ftのシーバスロッド
投げるルアーは13gの忠さんスプーンや9センチミノー。ラインはファイヤーラインを使いました。

さて、肝心のお魚ちゃんですが・・・20センチくらいの小さい魚がルアーにまとわりついてきますが、
ついているフックがでかいのでぜんぜん乗りません。でもこんなサイズは狙ってないからね~。

でかいのが出てきそうな雰囲気は満々なのですが、反応があるのはチビばかり。
そのうち急激に気温が下がってきてガイドが凍り始めました。
ということで、今日のちょい釣りは1時間半くらいで終了。何も釣れませんでした。
でもデカモノの実績は十分のポイントだし、釣りもしやすいのでまた来よっと!


偵察してきました!

先日、これから冬場の主戦場になりそうな近所の川の下流部の偵察に行ってきました。
最近になって気がついたんだけど、冬になって雪が積もってしまうと、
これまで車で走れた河原や堤防って走れなくなっちゃうんだね~。
車を停めるスペースもなくなっちゃうし。北国の感覚が麻痺してますね。(笑)

でも下流域なら車を停めるところはあるから大丈夫。
ただポイントまでは "藪漕ぎ" ならぬ "雪漕ぎ" をしなくちゃいけません。


  「スノーシューとか買っちゃおうかな?」


ドッペルギャンガー D.O.D.スノーシュー SW-5
ドッペルギャンガー D.O.D.スノーシュー SW-5


こんなのを使ってまで釣りをするなんて・・・・・・なんかかっこいい。(笑)
(長靴型ウェーダーだとスノーシューに固定し辛いらしい。。。)

さて、冬場の主戦場をリサーチしながらテクテクと川沿いをずいぶん歩きました。
ときどき川を覗き込むと、シャロー (浅場) には白く変色してしまった大きな魚が
そこかしこに横たわっています。一生を終えた鮭の死骸です。
今年の遡上は例年に比べて少なかったそうですが、それでもすいぶんとたくさんありました。

この川から大海原への大航海に漕ぎ出だした小さな幼魚が、数年の歳月を経て再びふるさとの
川に帰って繁殖を終え、そして死骸となって再び海へ帰って行く。。。
累々と川底に横たわる鮭の死骸を眺めながら、自然の浪漫と厳しさ溢れる鮭の一生を実感し、
鱒釣り師としては "感慨深い" ものがありました。


  「・・・・・・・・・・」

  「大ウソです。。。」(笑)


洋風な感じの "ちゃんちゃん焼き" 風

洋風ちゃんちゃん

オリーブオイルやベーコンで "ちゃんちゃん焼き" みたいなモノを作ってみました。
たまねぎやレタスや、もらったジャガイモも使ってみましたが・・・
このジャガイモがめっちゃ旨いです!ホクホクで甘くて美味しい!!

バターと塩と粒コショウたっぷりで、野菜も鮭も美味しく頂きましたよ。(笑)

釣り・・・やめろってか?(笑)

早起き・・・キライ。

遠征・・・キライ。

やぶ漕ぎ・・・キライ。

そもそも家や車からポイントまで遠いの・・・キライ。

濁り・・・キライ。

強風・・・キライ。

暑いの・・・キライ。

ランガン・・・キライ。

ウネリ・・・キライ。

磯・・・キライ。 

テトラポッド・・・もっとキライ。

つーか基本的に海釣り・・・キライ。

つーか・・・だだ広いのキライ。

野生の大型動物との遭遇・・・キライ。

山で他のアングラーと会うのは・・・もっとキライ。

トゥイッチ・・・キライ。

ジャーク・・・もっとキライ。

なんとかメソッド・・・大キライ。

婚姻色・・・キライ。

銀毛・・・も・・・キライ。

ハイブリッドな変な柄の魚・・・キライ。

ポイント情報・・・キライ。

釣果情報・・・キライ。

小さいルアー・・・キライ。

高い釣り道具・・・キライ。

硬い竿・・・キライ。

釣り人みたいな格好・・・キライ。



さてさて最後に・・・

トラウト・・・って言葉が・・・大キライ。(笑)

カルボナーラに初挑戦

カルボナーラ

先日、生クリームを使ったパスタに初めて挑戦したので、そのままの勢いで、
長年の?懸案であったカルボナーラを作ってみました。

結論から言うと、ちょっと失敗。 適当に作りすぎました。
なんだか黄色いでしょ? クリームが足りないんでしょうね。
卵が固まってるでしょ? 手順を間違えて火が通ってしまったから。
もっとトロっとさせなきゃダメですよね。

味の方はまあまあ・・・普通に食えました。(笑)
またがんばります。。。

カルボナーラ

 ★ 量が多すぎです。作り過ぎです。(笑)

Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。