スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログコンポを 「Bluetooth」 化してみたぞ!?

ONKYO Bluetoothレシーバー WR-BT1

PCをいじる時には、インターネットラジオやyoutubeなんかの音源を流しっぱなしにしてることがあるんだけど、
やっぱり音楽はステレオコンポで落ち着いて聞きたいよなあ。。。

なんていつも感じていたのですが・・・・


ある日、いつものようにインターネットを彷徨っていると、
ふと目に留まったのが "ネットワークプレーヤー" なる言葉。

インターネット上の音源とか、サーバーやiphoneなんかに入っている音楽を
自宅のコンポで無線再生できる機器らしい。

でも、スマホ持ってないし、電子化している音源なんかあんまり持ってないし・・・。



    「ん?? インターネット上の音源??」



インターネットラジオが自宅コンポで聞けるの?

でも、この "ネットワークプレーヤー" は2~3万円くらいはします。


これはさらなる調査が必要でしょ。


で、でてきた言葉が "Bluetooth" 。 これは聞いたことがあるぞ!
うちの次女のミニコンポにも採用されてます。

"Bluetooth" という規格で音声データを無線で飛ばすヤツらしい。
最近は無線のヘッドフォンとかあるよね。 アレです。

で、この "Bluetooth" のデータを無線で受けて、コンポにアナログ(RCAピン)出力できるアダプターを発見!



    「お値段、なんと! たったの2,980円!!」



それが、冒頭の写真のヤツです。 国内有名メーカーの "ONKYO" の製品。
これを自宅のステレオコンポの赤白ジャックに繋ぐだけ。 あとはスマホと "Bluetooth" 接続すればOK。


PLANEX Bluetooth Ver3.0+EDR Microサイズ USBアダプタ (Class1/100m) BT-Micro3E1XZ

でも当blog管理人はスマホは持ってないので、PCを "Bluetooth機器" とする必要があります。
これが上の写真の小さなUSBで解決してしまいます。 (約1,000円でした。)

これについていた "Bluetooth" ソフトをPCにインストールして再起動。
"Bluetooth" を起動すると勝手に冒頭のアダプターを見つけてくるので接続。

PCでインターネットラジオを再生すると・・・・・大成功!
音源によって音質に差がありますが、BGMとして聞くにはまったく問題なしです。
(128kとかで放送している局が高音質です。あと、低音がボコボコするので出力を抑えると良い感じに。)

インターネットラジオは世界中に腐るほど放送局があるから選び放題。
だいたいうちの局はJAZZしかやらないとか、ROCKしか放送しないとか局そのものがジャンルごとになってます。
なので、朝から晩までレゲエとかもできるから、すごくいいんだよね。

夜はJAZZで。 朝はボサノバ。 その後はモーツァルトなんて感じで
自由自在にBGMを楽しむことができるようになりましたヨ。

で、これを書いている日曜の午後は、ハワイアンでのんびりしてます。(笑)




コメントの投稿

非公開コメント

Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
Tackle Shopping
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でも最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。
パズドラにハマってます。
現在、子供たちは無事に巣立って行き、かみさんと二人暮らしが始まりました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。