「雪庇が残るオダッシュ山」 H25. 6. 1

オダッシュ山です。

今年、最初の山登りは日高山脈の北端の方にあるオダッシュ山です。
去年も登っていますが、低い山の割にはエライ疲れた記憶があります。

今年は春が訪れが遅く、まだ山には雪が残っています。
さてさて、無理なく楽しく軽快に登ることができるのでしょうか。

高速越しのオダッシュ山

高速道路の脇で準備を整え、いざ出発!!
入林届に記入しようと思ったけど・・・・・ノートが設置されてない!!(笑)

天気予報では今日は晴天のはずが、ここまでの道中は霧雨模様でした。
でも、オダッシュの頂上付近の雲が晴れて青空が見えてきましたヨ。

登山口です。

最初のうちは広葉樹混じりのアカエゾマツの気持ちの良い森の中を歩きます。
緩やかな登山道の足もとにはいろいろな花が咲いていますよ。

名前がわかりません。
【ヒトリシズカ】

どうにも名前がわかりません。 判明次第、名前を掲載していきますね。

これは "ヒトリシズカ" が正解でいいですよね?
なかなか良い名前をもらったもんです。 似合ってるし。(笑)

オオバナノエンレイソウ
オオバナノエンレイソウ ミヤマエンレイソウ??】

これはわかります。 北海道ではお馴染みです。 じめっとした森の中に大群落が作ることが多いです。

なんだか違うような・・・ミヤマエンレイソウのような気がします。

名前がわかりません。。
【タチツボスミレ??】

これは登山口付近に群落を作ってました。 スミレの仲間でしょうか。


何コザクラ?
【オオサクラソウ??】

これは "コザクラ" の仲間ですよね?

大雪山系に行くと、"エゾコザクラ" っていうかわいらしい花が群落を作ってるんですよね?
今年はそう言った風景をぜひ見に行きたいなあ・・・と思っているのです。

沢を超えると本格的な登りが始まります。
【サンカヨウ??】

手前の白い花は何でしょうか? 見たことないです。 (つか、野草はほとんどわからないんだけど。)
大きな葉っぱが2枚あって、その間から白いかわいい花が3つほど咲いていました。

この写真の沢を超えると、本格的な登りが始まります。
けっこう辛いんです。 この山は初心者向きってことなんだけど、けっこうキツいよね?

綺麗な森です。

短い距離だけど、そこそこ急な登りを登ると右側の視界が開けて、眼下に高速道路が見えてきます。
これはこれでなかなか良い景色です。 今、登ってきた森が手前に見えます。 綺麗な森です。

エンレイソウ
【エンレイソウ】

"オオバナノエンレイソウ" ではない、 "ただのエンレイソウ" です。
急登の途中にひっそりと咲いていました。 なかなか "渋い花" ですね。

白樺平に到着

縄が張ってある急登を登りきると "白樺平" に到着です。 そんなに平たい所じゃありませんが、
この "白樺平" の前後30分くらいが、傾斜が急で辛いところなので、思わずひと息ついてしまう場所。

で、この場所でちょこっと休憩。

雪庇(せっぴ)があります。

"白樺平" を後にして、「ひぃ~ひぃ~」 言いながら急登を登りきると、雪庇(せっぴ)が現われました。
残雪の横を汗だくになりながら一歩一歩登ります。

★ 雪庇(せっぴ)とは、雪のかぶった山の尾根、山頂などに、風が一方方向に吹き、風下方向にできる雪の塊のこと。崩れる危険があるので端っこの方には近づかないこと。

名前がわかりません2
【ケエゾキスミレ】

たぶん・・・これだと思う・・・。

登山愛好者の皆さんのHPを参考にして判断してみました。(笑)


綺麗です。

黄色と薄紫のすみれの競演です。 (スミレかどうかも自信ないのに。)


軽アイゼンを装着

とうとう雪庇(せっぴ)の上を歩かなくてはならなくなりました。
つ~か、実はこの日のために "軽アイゼン" を購入してました。 ゴアテックスのスパッツもあわせて購入。
オダッシュに雪が残っていることを確信しての今日の山歩きなのです。

本格的に雪渓を歩きます。

で、ザクザク楽勝で登れるのかと思いきや、やっぱりつま先を雪に蹴り込んで一歩一歩登らないとダメみたい。
"軽アイゼン" は真夏の雪渓トラバースの気休め程度のものなんでしょうかね。
でも、ちょっとした安心感はあったので、これからも積極的に使いますよ。 (せっかく買ったんだし・・・)

かわいい花です。
【ヒメイチゲ】

たぶん "ヒメイチゲ" だと思います。 道脇にいっぱいカワイク咲いていました。
しかし、どうもいい写真にならないなあ。。。カメラ欲しいなあ。。。

綺麗な林です。

ミズナラの綺麗な林です。 この山ではここから山頂直下までの景色が大好きです。


振り返ると雪山が見えてきました。

ふと背後を振り返って見ると、遠くに雪を被った山々が見えてきました。 十勝岳かな。


雪渓の向こうにニペソツが!

登ってきた雪庇のはるか奥に "ニペソツ山" が見えました!
ニペソツの標高は2013m。 今年はニペソツの標高年なんだそうです。
ニペに登れなくても、前天狗あたりからニペの顔だけでも見たいと思ってます。

枝間からトムラウシが!

トムラウシ山も顔を出しました。 こんなにはっきりとトムラウシを拝むのは初めてです。
(左端がトムラウシ。右端がニペソツ)

前峰到着

ミズナラの林の登りが急になって、空が開けると "前峰" に到着。
やっとオダッシュ山の南側の山々が望めるようになります。

今回もここまでキツかったなあ・・・。 でもここからもう少しで山頂です。

最後の急登。ダニがすごかった・・・

左手に芽室岳方面の絶景を眺めながら稜線を歩き、そして最後の笹の急登を登ります。
ここは・・・・・・・ダニがすごかった。(笑)

山頂到着

山頂到着です! 山頂には思いもしていなかった絶景が広がっていました。


芽室岳から剣山
(写真をクリックすると大きな画像が見れます。)

南方向です。 手前の稜線の向こう。 右に芽室岳、中央に久山岳、左に剣山です。
少し雲が湧いてきました。

雲海

十勝平野方面です。
今日は雲ひとつない晴天だと思っていたのに、眼下には雲海が広がっていました。

ウペからニペ
(写真をクリックすると大きな画像が見れます。)

北東方面です。 雲海の上に東大雪の山々が浮かんでいます。
右からウペペサンケ山、東丸山、丸山、そしてニペソツ山です。

石狩連峰とニペソツ

右端のニペソツの北側に (写真中央)、石狩岳と音更山が重なって見えます。
石狩川の源頭、石狩山地の山塊です。

憧れのトムラウシ山です。
(写真をクリックすると大きな画像が見れます。)

そして大雪の奥座敷、登山愛好者の憧れ、トムラウシ山です。
この奥に北海道の屋根、雄大な大雪山が広がっています。 (の、はずです。)

十勝連峰
(写真をクリックすると大きな画像が見れます。)

北方面は十勝連峰です。 南の富良野岳から北のオプタテシケまで (左から右)、すっきりと良く見えました。
写真もなかなか良く撮れたので、大きめの写真を掲載してみました。(笑)

芦別岳

西の方面です。 芦別岳です。 夕張岳も見えていたのですが、ちょっと木が邪魔だなあと思って
モチャモチャしているうちに撮り損ねてしまいました。

こうして見ると、この山って低くてお手軽だけど、名だたる山を一望できるなかなか他にはない山だよね。

カップ麺とコーヒーの昼食

ちょっと早いですがお昼ごはんです。 今回はカップラーメンにしました。
誰もいなくて気持ちがいい山頂で30分以上のんびり過ごしました。

雲海の中へ下ります。

そろそろ下りましょうかね。 少し雲が多くなってきたようです。


雲海の中へ下ります。その2

今年からダブルポールを試しています。 下りは特にダブルポールが威力を発揮します。
下りの方がテンポ良くポールを出せるので、下山のスピードが上がっているような気がします。

ダケカンバの林

結局、登りに2時間15分。 下りに1時間余りとタイム的には前回とあまり変わらなかったなあ。
ダブルポールのおかげで下りは楽だったけど、登りの辛さは一緒でした。

まあ、今年一発目の山だし、春の花を楽しみながらだったし、雪庇も歩いたし、軽アイゼンの脱着もあったから、
やっぱりずいぶんとスピードは上がったんじゃないかな?(笑)



  【登山口 8:35】 → 【白樺平 9:23】 → 【前峰 10:35】 → 【山頂 10:50】

  【下山開始 11:28】
 → 【白樺平 12:17】 →  【登山口 12:35】

コメントの投稿

非公開コメント

Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。