スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ランディングネット」関連ネタ その2

前回
 >フレーム・グリップ材、クレモナ糸はヤフオクで購入するのが便利
と書いたのですが、さっき見てみるとフレーム材が出品されてませんでした。

まあ、タイミングの問題かもしれません。

カテゴリーは「フライ用品」の「その他」を見てください。
グリップやリールシート用の銘木がいろいろ出品されています。

さらに興味をお持ちの方はこちらの「フライショップ リバーイン」さんの
通信販売がオススメです。こちらではきれいな木目の材はもちろん、
真鍮製のリングやヒートンなどの小物、クレモナ糸もあります。

初めてネットを作成する方にオススメな形は、
ネットの外側の面は直線、内側の面はカーブさせたカーブネット。
片面はカーブさせてもう片面は材の直線を生かしたほうが手間が省け、
しかも正確にフレーム材を貼り付けることができます。
シンプルなティアドロップ型はグリップのカーブが両面ともまったく同じカーブを
描くように作る必要があるのでかなり難しいんです。

また欲張ってきついカーブを付けようとすると、
フレームを貼り付けるときに隙間が開いたり、
フレームの整形のときにフレームが折れてしまったりします。
実際に渓流でネットを使うときにもカーブがきつすぎると非常に使いにくいです。

ホントは表裏がないティアドロップ型が使いやすいんですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。