スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理釣り場はおもしろいか。

所詮、釣堀です。(笑)
自然のフィールドで魚との一期一会を大切にしている人は、まったく興味を示さないでしょう。
自分が普段やっている渓流の釣りとは根本的に違う分野の釣りだと思います。

でも観光地の釣堀とはどこかに一線が引かれた魅力があるんです。
魚は二の次で、「釣り」を楽しむ釣りとでも言うんでしょうか。
もちろん良い魚が釣れれば嬉しいです。
自分は「ヘラ釣り」はしませんが、似たところがあるかもしれません。

自分も最初はバカにしていました。
でも3回連続ボウズを食らってしまい、
ムキになってしまってカンツリの魅力にはまってしまったクチです。
 
  「ウヨウヨいるはずの魚が何故釣れない?」

試行錯誤を重ね、ルアーをいろいろ購入しては投げてみる。
カンツリ上級者の方々とも知り合うことができ、カンツリの奥の深さを知ってますますおもしろくなりました。

カンツリのルアーフィッシングは子供や女性にも簡単にできる間口が広い、上級者でも探りきれない奥の深さがあるおもしろい釣りだと思います。


  *カンツリ:管理釣り場の通称

コメントの投稿

非公開コメント

その気持ちお察しします。
自分が始めて行ったときも
『ようするに釣堀でしょ?』と渓流用のシンキングミノーを投げてみるものの、まったく釣れませんでした。
あせってトゥイッチすればするほど魚が驚いて逃げていく……。
郷に入っては…の例えではありませんが、同じ魚を釣るのでも渓流とは頭を切り替えなきゃ、と気づくまで悪戦苦闘の日々でした。いや、今でもよく分かっていないのですが。

masuturiさん。こんばんは。
カンツリに初めて行ったのは渓流を始めた数ヶ月後だったと思います。真夏の白河FSでした。
自分は渓流用のスプーンを投げてました。プリスプーンとかヘブン5gとかクルセイダーとか。
白河じゃなくて、もっと釣り易いところだったら、
もしかしたらはまらなかったかもしれませんね。

>管理釣り場はおもしろいか。
 う~ん、難しい質問ですね・・・
 釣り自体は、物凄くゲーム性があって面白いと思います。数10センチ単位で釣果の違う釣りもあまりないでしょうしね。
 その反面、ソコソコたくさん魚が釣れてしまう分、「1尾への思い」というが薄れてしまうように感じます。
 最近、魚を釣っても無言・無表情な人も多いですね。私もそうなりつつある自分を感じています。
 数釣り大会なんて「釣り」でなくて、まさに「漁」ですしね。
 また、釣りの魅力のひとつである、渓流や本流のような「出会い」は感じません。。。だってたくさんいるの見えるし・・・(笑)
 確かに間口が増えたのは良いことだと思います。女性や子供のアングラーも増えましたし、初めての釣りとしては魚も釣れて、危険性も低いし、良い環境だと思います。
 

 >ゲーム
自分は釣り自体がゲームだと考えていますが、
これはアングラーによってかなりとらえ方が違いますよね。
でもゲームといえばカンツリってシューティングゲームみたいじゃないですか?
最初のうちは倒すこと(釣ること)もままならず、
次々に現れる敵キャラ(ニジマス)に新鮮さと驚きを感じながら
高得点(匹数)を上げようと努力するうちにそこそこうまくなって、
複合技(フリップ&フォールとか)なんかも繰り出したりして、
でも何度も見たキャラには何の感動もなくなり高得点だけを求めていく感じ。
この複合技なんかが決まったときの爽快さも似てますね。
Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。