整形外科に行きました。

以前、フットサルの練習中に足をぶつけて、
その後「布団」の上で足をくじいたところが、
いつまでたっても完治しないので病院に行ってきました。

レントゲンの結果は異常なしとのこと。
でもくるぶしの下部に妙なふくらみが残っていたのですが先生曰く、

  「ここ変ですね。なんか入ってるかもしれないですね。」

  「針刺してもいいですか?」

  「何か出るかもしれないけど出ないかもしれないよ。」


良いも悪いも「はい」って言うしかないじゃんかと思いつつベッドに横になりました。

  「ちょっと痛いですよ。」

とお決まりの言葉の後、「ブスッ!」ときました。
「チクッ」とかじゃなくて、まさに「ブスッ!」ですね。

「イテッ」っと思わず声が出ましたよ。(笑)

その後、ギュウギュウと押してんだか絞ってんだかなんだか知らないけどエライ痛い。

  「あれっ?何も出ないかな?あれっ??何かちょっと出たかな?」

どうせなら「何か出してくれ~!」と思って耐えていると終わりました。
打撲の後遺症で「ガングリオン」とかってのが貯まってたのかも?とのこと。
前回の記事のコメントでkcsgさんが指摘してたやつですね。

結局、たいして痛くもなかったのに念のために病院に行って、
足を引きずるほど痛めて帰ってきたのでした。(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

ばんわ~(驚)
>ちょっと出た?
なら細胞診といって
細胞の一部を生化学検査へ出すつもりかな?
傷つけるのみってことはないと思います。
膿が出ると思っていらっしゃったのかな?
結局、先生何とおっしゃられたのですか???
事実、痛みがなければ
そ~っとしておいてもいいのですが。。。
可動範囲制限(関節の動きの制限)があれば、
ちょっと診てもらった方がいいんですけどね。
しっかし、手荒なDrっすね(苦笑)
だいぶ年配の先生ですかね?
それとも、若手??
普通、整形外科の診断内容は、
症状により前後するかもしれませんが。。
問診~
触診~
関節可動域把握~
画像診断~
~採血~
~生化学データ取得
(白血球数値、炎症反応、細胞診等)
の順に速やかに診療が行われます。
最終的に必要なデータ取得後、
総合的に診断を下します。

◆kcsgさん
いや~そこそこ精神的プレッシャーを感じるくらい痛かったです。今もまだ痛い。。。
先生は「ガングリオンってのがあるんだけどそれかも?」「大丈夫だと思うけど様子見て。」って感じでしたよ。「また来い」とも言わなかったので検査に出す様子でもなさそうでした。ふくらんでいるところから「ブニュッ」と何かが出てくるのを期待していたような雰囲気でした。
可動制限はないです。指で押しても痛くないけど、ちょっとくるぶし下の皮膚を下方へ引っ張るとちょっとだけ痛いです。変なふくらみはあるけど全体的な腫れは10日ほど前に引きました。
先生は50~60代半ばってところでしょうか。(笑)

おそらく先生は、怖い疾患の怖れを
否定したかったのでしょう。。
膿瘍、破傷風等の炎症、感染性疾患、
膿包等の壊死疾患等を触診により
否定したのでしょうね。
大丈夫だと思います。
あとは、サポーター等で
軽く圧迫することを
試みてください。
熱感がなければ、温湿布すると
効果があがりますよ。
熱感や痛みがあればNGです。。
体を動かしたり、
軽い運動するときは、
温湿布は外しましょう!
おそらく2~3ヶ月で小さくなるでしょう。
あっ、湯治も勿論効果覿面です(微笑)

◆kcsgさん
骨や腱がどうにかなっていなけりゃ良いなと思っていたので病院に行ってよかったです。
このままじゃ怖くって渓流なんて歩けないですからね。(笑)
軽い運動は防波堤を歩くこととして、フットサルは厳禁!
サポーターと湯治、励行するようにしま~す。ありがとうございました。

難しい言葉はあんまりよく分からないのですが、なにやら痛そうな雰囲気ではありませんか。
昔にアキレス腱の付け根にぶっとい注射針をぶち込まれたことがあって、それ以来、先端恐怖症のボクとしては、想像するだに足が痛くなってきますよ(笑

針を刺すって!!
しかも患者を不安にさせる先生の呟き・・・
怖いなぁ。
どうぞお大事にしてくださいませ。
ガングリオン…
何かの戦隊モノみたいな名前だな~と思いつつ、
ちょろっと検索してみたら…
大昔の部活(体操部)で痛めた右手首にガングリオン疑惑が(笑)

◆107さん
いや~けっこう痛かったですよ。
どんな器具を使ったのかは見てない(見れない)のでわからないですが、
きっとかなり凶暴な器具だったに違いないです。(笑)
◆みやさん
 >右手首にガングリオン疑惑が(笑)
私も調べましたが、良性だけどクセになるとやっかいなモノみたいですね。
このままキレイに消え去ってくれることを願うばかりです。

お疲れさまです。
>やっかい
まあ、ケアさえしっかりしていれば、
問題ありませんから。。。
腫れては消え、また腫れて。。を繰り返すことは
殆どありませんので(微笑)
痼りが残っても、関節可動域が制限、
または、痛みを生じることがなければ、
形状的なこと(見た目)以外には支障はない
と思います。
フットサルも、ケアさえしっかりしていれば
問題ないと思いますよ。。
では、お大事に。。。

◆kcsgさん
歩行にはまったく支障はないのですが、踏み外したり強く踏み込んだりすると
また痛めそうで怖いですね。なのでフットサルは今年いっぱいは休みますよ。
それにしても渓流シーズンじゃなくって本当に良かったです!(笑)
 >では、お大事に。。。
はい。ありがとうございました。
Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。