スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

然別湖釣行 19.7.9

ミヤベイワナ

北海道に帰省するにあたって、新しい挑戦 ”その1” に行ってきました。(笑)

  「然別湖(シカリベツ)の特別解禁に挑戦!!」

この然別湖にはランドロックされたオショロコマが独自に進化した「ミヤベイワナ」が住んでいます。
なんとこのイワナ!「天然記念物」なんですよ~。
然別湖は基本的に釣りが禁止みたいなんですが、年に2期だけ特別に釣ることができるんです。
この天然記念物ちゃんもバーブレスシングルフックでリリースしてやれば釣ることができるんだそうで・・・。

というわけで、先週SoloさんのBlogを見て急に思いついて帰省ついでに挑戦してきました。
然別湖に到着! 8EF382AF95t82AF.jpg

朝イチのお客さんは3人だけ。受付のおじさんに釣り方やポイントを教わっていざボートへ!!
そう!今日の釣りはオフショアなんです。トラウトロボ管理人初のボートからの釣りです。
って言うか、ボートを漕ぐこと自体20年ぶりぐらいかも。(笑)

ボートからなんとなく不安げに湖面に漕ぎ出すとそこは別世界でした。
恐ろしく透明度が高く滑らかに揺らめく湖水を「すーっ」と進むボート。
時折、ボートの底を波が叩くぱちゃぱちゃという音だけが心地よく響いています。

  「よ~し!!出発じゃあ!!」

さあ!今までの静寂をかき乱すバッチャンバッチャンと下手くそなオールさばきが始まりました。(笑)
どうも左腕の力が弱いせいでまっすぐに進まない。ときどき修正しながら進みます。


カヌーイスト 穏やかな湖面

おぉっ!なんだか気持ちいいぞ。ボートに横になってみたい気分だ。早起きして眠たいし・・・。
って、写真撮ったりしてますが・・・釣りしなきゃね。
岸際近くにはニジマスと陸封サクラマス。沖合いにはミヤベイワナと狙い分けができるそうです。
まずは岸際のニジ&サクラを狙いましょう!

いや・・・岸から離れるのが怖かっただけなんですけど。(笑)

雲沸く然別湖

狙っていたワンド(湾)まで岸際を打ってみましたが何もで出ず。。。
さらになんだか雲行きが怪しくなってきたぞ。

ワンドの岸から30~40m離れたところから14gスプーンを10mくらいフリーフォールして
ゆっくり巻いていくと・・・アタリなし。
次はどうだ・・・・・おっ!?なんかあたったか??

これをなんどか繰り返していると風でボートが流されてしまう。
5回キャストしているうちに100mくらい流されるので、
そのたびにポイントへエッチラオッチラとボートを漕いで戻る。

  「かなりきつい!!」

霧が出てきたぞ。 霧で見えない!!

そのうち冷たい霧がボートに向かってきました。
先ほどからアタリが出るのはその霧の中なのよね。
寒いから行きたくないけど答えはそこにあるのよね。

  「ぬうぅぅ」

っと、変なアタリが。そのまま一気にゴリ巻き。

出ました!!天然記念物ちゃん!!すっごい綺麗!!
3色の背色を持つといわれる然別湖のミヤベイワナ。
手に出来たのは遭いたかったグリーンバック。
魚体がピカピカと光ってすっごい綺麗!!(2回目)
あぁー!何といって誉めれば良いんだろう。とにかくすっごい綺麗!!(バカ?)

ミヤベイワナ1 ミヤベイワナ2 ミヤベイワナ3

もうこれで大満足です。ばんざ~い!!
なあんて思ってたら霧で周りがまったく見えなくなってきました。
風で流されて、ポイントに戻ろうにも景色が見えません。

受付のおじさんに借りたコンパスを頼りにボートを漕いで、
岸が見えたら目印まで戻ってそこから沖に出るという過酷な重労働に腕も腰も握力も限界。。。
さらに霧が容赦なく吹き付けてめちゃくちゃ寒い~!!
今日って晴れの予報じゃなかったっけ?
もしかしたらと、長袖Tシャツと半袖シャツ着ていって良かったよ。ライフジャケットも少し暖かかったし。

寒さと疲労感に心折れそうになりながらも、忘れた頃にやってくるアタリに勇気付けられて
なんとか終了の2時までがんばりました。結局、釣り上げたのはミヤベイワナ1本だけ。
どうも今回使ったロッドとラインがミヤベイワナにはちょっと硬すぎたみたい。
次回挑戦するときには、柔らかいライン(ゲームとか)に湖用のスローなロッドで挑戦したいと思います。


ROD ・・フェンウィックワールドクラス 7.7ft
REEL・・02ツインパワー2000
LINE・・スーパートラウトアドバンス 6lb
LURE・・チヌーク 14g ピンク裏赤金



コメントの投稿

非公開コメント

価値ある一匹おめでとうございます☆☆ホントに綺麗ですね!オショロコマって事はドリーバーデンと同種でしょうか??
天然記念物釣ってミタイナァ☆

◆YOーHEYさん
こんばんは~。ほんとに綺麗でしたよ。
普通のイワナを上品にしたみたいな感じでした。
ドリーバーデンも仲間ですね。日本の仲間はドリーバーデンとは別な進化をしているみたい。
ここの湖はどこにも水が流れ出さないので魚が他へ行くことはないんです。
流入河川も厳しく規制されているようです。
ニジマスはご多分に漏れず自然繁殖していて、すっごいのがいるみたいですよ。
ニジも陸封サクラも釣ってみたかったなあ。

JIMOさんおめでとうございます。
とうとう出会ってしまったのですね、天然記念物 ミヤベイワナ 君
グリーンバックですか、自分も狙ったのですが駄目だったのでうらやましいです、自分はブルーバックでした。
棲み分けでいえばグリーンバックよりやや湖中央よりで。
ヤッパリ綺麗ですよね、今度いくときはアクリルの水槽もって少し眺めてみようかとおもいますよ。
おめでとうございました。

◆Soloさん
 >ミヤベイワナ 君
さすがにいい魚でした。ずいぶん写真を撮ってしまいました。(笑)
この経験もSoloさんのBlogのおかげです。ありがとうございます!
もっと釣りたかったなあ。アタリはけっこうあったのですが、なんだか乗らなくて・・・。
それにしてもとっても寒かったです!!歯の根が合わなくなるほどで、
ボートを濃いでいるほうが暖まって幸せなくらいでした。(笑)

おおっと・・・Soloさんに続きJIMOさんまで・・・
うらやましすぎますぜ~(*´Д`)=з
ウチの近所にいるものといやあ、ブルーバックの小汚いブルーギルとグリーンバックの下品なブラックバス・・・ああ、この落差(涙

◆107さん
こんにちは。
 >小汚いブルーギルとグリーンバックの下品なブラックバス
まあまあ、そう言わないで。(笑)
また綺麗な山女ちゃんに癒してもらいに行きましょう。
今回はあまり釣れなかったし、とても寒かったけど楽しかったですよ。
貴重な体験をさせていただきました。
これからも機会を見つけて挑戦したいです。

あの雲の向こうにラ○ュタはあるんだ!!
でも湖の上であんな雲の塊が向かってきたら不安でいっぱいになりますねぇ。
ミヤベイワナおめでとうございます。息を飲む美しさですね。イワナ好きとしてはこの釣行記たまりません(笑)。
ところで、そんな貴重な魚が住んでいるのにニジマスなんか放流してだいじょうぶなのでしょうか?ちょっと気になってしまいました。

◆masuturiさん
 >ミヤベイワナおめでとうございます。
ありがとうございます。とっても綺麗でしたよ。
普通のオショロよりちょっと胸鰭が大きいそうです。そんな風に見えますか?(笑)
北海道ではニジマスは普通に繁殖してしまっているので、もうどうにもなりません。(苦笑)
残念ですが、あっちではネイティブと考えるしかないですね。
Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。