スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生ごみ処理機」

「生ごみ処理機」自分が住んでいる自治体が、生ごみ処理機の
購入代金の最大で3分の2を助成してくれるとのことなので購入しました。

購入金額51,000円だったので20,000円弱
ぐらいの出費の予定です。

 「かなりのお買い得でしょう!」

うちの自治体。今年からゴミの分別が厳しくなる予定なのですが、
生ごみは他の燃えるゴミと分別することにしているみたいなので、
生ごみの処理に要する経費を減らそうという魂胆のようです。

暑い時期が長いところのため生ごみの保管に困っていたのでたいへん助かります。

ちなみに生ごみ処理機には加熱式とバイオ式がありますが、購入したのは加熱式。
それぞれ一長一短があるようですが・・・。

加熱式は高温で焼くような方式なのでどうしても熱が放出されること、
ちょっとうるさいこと、電気料金が嵩むことが欠点です。

バイオ式は発酵のために定期的に細菌を投入する必要があること。
そして最大の決め手となったのがバイオ式は細菌を扱うためにゴミを投入する容器を洗浄できないこと。ゴミを扱う容器を洗えないというのは、その必要がないとしても気分的に良くないので加熱式を選択しました。


コメントの投稿

非公開コメント

うちの会社はISO14001(環境関連)を取得してるんで、ゴミ処理には気を使います。
が、埼玉では区分けがカナリ大雑把で、凄く抵抗を感じます。
プラスチックを「燃えるゴミ」って、そりゃ燃やせば燃えますわいな。
ってか、燃えるってより、溶けますわな。(笑)

私も購入を考えましたが
上限10,000円 購入前に申請しないといけない。
など制約が多いので止めました。
それより10月から有料化がスタートするので
みなさん大掃除状態で収集日にはいつもの倍以上の
ゴミが出ています。

けんたさん
 >区分けがカナリ大雑把
ここもそうなんです。
プラ表示があるものを燃えるゴミにするのは
かなり抵抗があります。
生ゴミが減ると紙くず以外で残ったゴミは、
プラ、アルミ、トレイ、ペットボトルなど、ほとんど資源ゴミなんですね。
まさお。さん
助成金がなくなる頃にはもっと安く購入できるようになるんじゃないでしょうか。
構造的にはどうみても5~6万円もするものではないですし。
Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。