スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のちょい釣り 「H20.12.8」

下流域

2日連続で釣りに行って参りました。近所のポイントで濁り具合を確認すると、
まだ濁ってますが昨日よりは青く見える。これなら下流でも釣りになりそうです。

さて15分ほどでポイントに到着。様子を見に行くとルアーのおっちゃんが。。。
様子を聞いてみたけど芳しくないらしい。対岸に渡ったほうが良いよ! とのことなので、
素直に移動して対岸のポイントに入りました。

橋脚もあるしなかなか良さ気な流れです。でも目の前にエサ釣りのおっちゃんが・・・。
なるべくおっちゃんの釣った後を釣る様に気を使いながら釣り開始!
スプーンを流れに乗せてターン。沈ませながらシェイク。ボトムをコツコツと感じながらドリフト。

  「なかなかアタリが出ません。」

いや!つーか、今日は風が冷たいです。向かい風で辛いです。対岸に渡りたいです。
耐え切れなく程冷たくなる指先を時々ポケットに突っ込みながらの冬の北海道の釣り。
気候は厳しいけれど、どこかのんびりした感じです。

突然、目の前で魚が跳ねました。大きさ・・・5~60センチ。白っぽかったなあ・・・なんだろう?
でもこいつのおかげで俄然やる気が出てきました。おっと!今度は橋脚でライズだぁ~!
この川でライズを見るのは初めてかもしれません。(笑)

橋脚の上流に回りこみ、橋脚に絡まった木枝をかすめるようにルアーを流すと・・・


   「ゴツ!・・・ゴツゴツ!・・・ゴンゴンゴンゴン!!!」


  「HITで~す!!」



そいつは一気に下流に走ろうとしたけど、意外と長く走ることなく首振りを続けています。
首振りの衝撃回収はロッドに任せてジリジリと寄せに入りますが・・・めっちゃくちゃ重い!!
ときどき "ず~ん" と重たい突っ込みで底へ潜ってしまい、なかなか浮いてきません。
鋭い走りはしないんだけどトルクのある突っ込みと激しい首振りをかわしていましたが、
ここで足元まで魚が寄り、PEとショックリーダーの結び目が見えた一瞬!魚の姿が見えました。

が・・・魚種は不明。大きさは60センチは軽く超えてます。
しかし次の瞬間、魚が初めて上流に走り、またすぐ手元へ戻ってきました。
ここでほんの一瞬ラインテンションが緩み、あわててリールを巻いてロッドを立てた瞬間!

  「バレました。。。」

もう、右腕と右肩はパンパン。ちょびっと腑抜けたように護岸に座り込んでタバコを一服。
ルアーにセットされていたフックを見ると純正のフックのカエシを潰したやつ。
伸びたりはしてないけど当Blog管理人が信頼を置いているものではない。

すぐに自作の大きなフックに交換して、キャスティングを再開。
今度は橋脚の下流部に引っかかっている枝の脇にスプーンを落とすと、いきなり


   「ゴツッ!!」


思いっきりアワセをくれてやると、ラインの向こうのヤツが 「ビヤーーーッ」 と走り出しました。
今度のヤツもどこまでも走り続けるわけではないんだけど、さっきのとは勢いも重さも違うぞ!
そして次の瞬間には猛烈な首振り。9ftのシーバスロッドのティップがゴンゴンと水面に引き込まれます。

  「それにしてもこいつは・・・猛烈に重たい!!」

さっきのヤツよりもかなり重い! ロッドグリップを脇に挟み込み、右手と左手を交互に使いながら
ゆっくりとロッドを起こしてリールを巻くけど、すぐに魚にラインを出されてしまいます。
魚は4~5m先にいるんだけど底へ底へと突っ込むのでなかなかその姿を見ることはできません。

  「このあたりでちょっとイヤ~な予感がしてました。」

満月に曲がったロッドを眺めながら一進一退のやり取りをすること15分。
ようやく魚が浮いてきました。その姿は銀鱗などすでにどこにもない、ものすごくでっかい魚体。


  「やっぱりオマエかよ~~!!」


しかも雄じゃん!!重たい訳だよ。まったく。。。
その後、護岸脇に寄せるまでに数度の攻防があった挙句、ようやくグロッキー状態に。


  「こっちもだけど。。。」(苦笑)


斜め護岸に馬鹿でっかい頭だけを乗せてちゃっちゃとルアーをはずし、さっさとリリースしてやると、
ヤツはヨロヨロと流れへ戻っていきました。
おおよそですが80センチを優に超える身体。 オマエは海獣か!?ってなくらいのでっかい牙。
当Blog管理人の太股より太い体高。 素晴らしい魚ではあるけれど、はなはだ残念!!

それにしても下流域では12月でも危なくって釣りできませんねぇ。。。

コメントの投稿

非公開コメント

JIMOさん サ〇 釣りましたか(笑)

でも、北海道ならではの釣り 体験しましたね!

凄いでしょう!

ちゃんと 釣っていい場所で釣るとメッチャ楽しいですよ!

自分は、食料として釣ってますが
今年はダメでした(涙)

◆ヒグマの子さん
こんばんは~! すっごいパワーでした。身体中がボロボロです。
ロッドは902Lなのであまりパワーはないし、
リールもなんだか知らないけどハンドルが逆回転するし。。。(笑)

12月に入ったらもういないだろうと思ってたので、ちょっとびっくりでした。

いや~、楽しそうですね!

味わってみたいです!

>ハンドルが逆回転するし
D社のちょっと前のリールですか?

オーバーホールに出すと直りますよ~

◆t-fukuさん
確かに楽しかったです。が・・・やっぱりご禁制ってこともあってねえ。。。
今度は釣っても良いところで釣りたいです。

12月の河口規制が取れたらもう河川も解禁してしまっても良いような気も
するんですけどねえ。それか期間と区間を決めて河川に保護かけちゃうか。

 >D社のちょっと前のリールですか?

そうです。KIX3500です。まだ3回しか使ってないんですよ。
逆回転の症状は魚が激しく首を振ったときと突っ込んだときに
ドラグが出なかった瞬間に起こりました。
ドラグが限界を超えたんじゃないかと思ってます。
Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。