スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「十勝川アメマス釣行」 H20.12.13

十勝川

北海道に帰ってきたら、ぜひ挑戦したいと楽しみにしていた釣行に行ってきました。
いつもの釣友の案内で、彼がいつも大きなアメマスを釣っているポイントへ。
河口まであと10kmほどの十勝川下流の広大ポイントです。
対岸までは200mくらいはあるでしょうか。 あまりにも広くてどうして良いかわからないところですが、ここを良く知っている釣友に大雑把な地形と攻め方を教えてもらいました。

対岸まで遠いです。

ほとんど風がなくって穏やかな感じでしょ? でも気温はマイナスですよ。(笑)
これでも若干の風が吹いてるんですが、この風がピタッと止んで、水面が鏡のようになったときに
アメマスのライズが始まるんだそうです。 もちろんその時合いがチャンスです。

さて、釣り開始です! 今日のタックルはライトクラスの9ftのシーバスロッドとKIX3500に
PEラインの組み合わせ。 飛距離と大物との綱引きに有利なチョイスです。

が・・・すぐに根がかりが。。。

このポイントで実績を上げるためには、根がかり覚悟の男にならなくてはならないそうです。
根がかりをはずそうとラインを引っ張ると・・・なんとPEラインが切れました。(苦笑)
何故かほつれも見られない見事な切れっぷりです。(笑)
しかも予備のショックリーダーを持ってくるのを忘れてしまいました~!

釣りを始めた早々に目論見がガラガラと壊れてしまいましたが、
あわてずナイロン10lbを巻いたバイオマスター2500へ交換。
もう一個、PEを巻いたリールがあったんだけど、早々にPEを諦めた理由は後でお話しますね。

アメマス

ここで釣友にHITです! 上がってきたのはアベレージサイズの45センチのアメマスです。


  「おおお~。アメマスだ~。このツルツル感はイワナだ~。」


と、人が釣った魚をナデナデする当Blog管理人。 だってアメマス好きなんだもん。(笑)


  「よーし!!オレも釣るぞ~!!」


しかし、なかなか魚からの反応はありません。 ときどきコツンと来る感触に合わせると根がかり。
水中に木がいっぱい転がってるみたいですね~。そんなにロストばっかりしている訳にはいかないので、フックを自作の頑丈なモノから市販の細いモノに交換しました。
これならフックが伸びてルアーは回収できるからね。このフックを伸ばすような大物は諦めましょう。

風がないし、思いっきり着膨れしてるから身体はまだ良いけど、指先はめちゃくちゃ冷たい。
その指を時々ポケットや口の中に入れて暖めながらキャストを繰り返していると・・・

氷が流れてきました。

上流から大きな板氷が流れてきました。 これがPEを諦めた理由です。
さすがに寒いはずですよね。 この板氷は直径が10mくらいありました。

岸に当たって割れる氷

氷が足元のコンクリブロックにぶつかってバリバリと音をたてて割れていきます。


  「さっぱり釣れないわ。」


ここまで釣友がさらに尺サイズを一本追加したのみ。 周りの人もさっぱりです。
場所を20mほど下流に移動し数投後・・・HITです! 魚はあまり大きくありません。 尺くらいか。
身切れしない程度に強引に寄せると・・・バレました。(笑)

こりゃイカン! ルアーを20gのジグへ交換。 思いっきりぶん投げると・・・


  「気持ちいい~~!」(爆)


遥か彼方までルアーがぶっ飛んでいきます。 それでも川幅の三分の一も飛んでないけど。
気が付くと風がなくなり、川面が鏡のようになっています。 チャンスタイム到来か!?
ジグを底まで沈めて、ロッドをちょんちょんと煽りながらジグを流していると・・・


  「HITで~~す!」


どろんどろんとしたこの引きは間違いなくアメマスです。
ウネウネと暴れるアメマス君ですが、たいした苦労もなくネットに収まりました。

釣れました。

サイズは50センチちょいってところでしょうか。 自己ベストは間違いありません。
これまでが40センチですからね~。 明らかに60センチを超えたらちゃんと測りますよ。(笑)

その後は思いっきり遠くまで投げたジグにアタリが出るように。
しかしあまりにも遠くてナイロンラインが伸びてしまってアワセのタイミングがまったくあわず。
そろそろ日が傾き始めたので午後3時過ぎに納竿としました。

久しぶりの釣友とコーヒーを飲みながら情報交換の後、釣友がアメマス釣行の後に必ず立ち寄る
という地元のドーナツ屋へ寄りました。 店には何故か大きなアメマスやニジマスを抱えたご主人の勇姿を撮った写真が・・・。 そして地元TV局のアナウンサーの色紙がいっぱい。(笑)
その中に・・・・・「ほんなみさん」 の色紙がありました。 年に一回は来るそうで。 「ほんなみさん」 とは、ルアーで鱒釣りをする人の中では知らない人はいない程の有名なアングラーです。

そうそう。ここのドーナツは軽~い仕上がりで、いくつでも食べられるほど美味しかったです!!


コメントの投稿

非公開コメント

寒い中ご苦労さまでス、先日の大雪には参りましたね。

アメマス、お見事でした、この時期なら、産卵前のパンパンの奴でしょうかね?

アメマスのタナですと、やっぱり底でしたでしょうか?ここ数年秋のアメマスはやってませんので・・・

だって寒いんですもの。

◆Soloさん
こんばんは~!
比較的暖かかったとは思うんですけど、それでも指先は冷たいです・・・。
今度は指先の防寒対策もしっかりとやらなくては。

 >産卵前のパンパンの奴

残念ながら長~いヤツでした。(笑)
でも "まるっと" した感じで痩せ過ぎってほどでもなかったです。
あれで70センチを超えるとウナギみたくなりますからねえ。マジで。(笑)

 >アメマスのタナですと、やっぱり底

そうですねえ。思いっきり下でした。シャローにはぜんぜんいなくて。
これってこの時期のアメの基本なんでしょうか?

JIMOさん 

アメ いいですね~!

あまりファイトッ とは呼べないアタリですが、
釣れる時にはコンスタントに釣れ鱒よね!アメちゃん。

アメマス釣りも北海道にいると大型狙いになってしまいますよ!(汗)

この時期の川アメは基本的に、底ですね。
海アメなら、底っていう事はないですが。

次 期待してますよ!60???

◆ヒグマの子さん
こんばんは!
楽しかったです。アメマス釣り。ちょっと渋かったですけどね。
久しぶりにアメマスの顔を見ることができて嬉しかった~!e-68

次は・・・正月かな? もう寒くて凍っちゃってもうダメか。。。

>上流から大きな板氷が流れてきました。

PEを諦めるというより、釣行自体不可能です・・・

もちろん、私の場合ですが。。。(笑)

◆t-fukuさん
そうですね。t-fukuさんにはこの釣りは無理でしょうね。

なぁんて言うと他の皆さんに誤解されそうですね~。(笑)
これでもけっこう暖かいほうなんですよ。(笑)
結氷するまでが勝負なのですが、もう来春までは無理かな。
Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
Tackle Shopping
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でも最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。
パズドラにハマってます。
現在、子供たちは無事に巣立って行き、かみさんと二人暮らしが始まりました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。