スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の釣行記「その1」

最近、釣果がまったくないので、昔の釣行記でお茶を濁そうかと・・・。

宮崎県に来るまでは、福島県に住んでいました。
主なフィールドは阿武隈川水系、那珂川水系、そして阿賀川水系。
フィールドでのレコードは50センチ。阿賀川水系での出来事でした。

釣友と支流で楽しんだ後、本流へ移動し、
底砂利のいまいちぱっとしないポイントで竿を出しました。
でもここはかつて、何度も雑誌やネット上で紹介されている有名ポントでした。

ウェーディングしながら何気なく流れが緩やかなところにスプーンを投げていると、

  「ギラン・・・」

  「・・・!!」

再びキャストすると・・・。 

  「ギラン・・・」

  「おぉ!凄ぇ~!!めちゃめちゃでかい!!」

サクラマスクラスのギンギラギンの大ヤマメです。(だと思いました。)
そのうち反応が薄くなったのでミノーへ変更。
しかしまったく反応しないので、再びスプーンへ戻して2投目。

  「ドッカーン!」

そいつはバシャバシャとその場で暴れ巻くっています。
自分はもう大ヤマメだと思っているので、
渓流ロッドを伸されジリジリと下流へ引きずられながら、
足はガクガクと震え、髪の毛は逆立ち(たぶん)、目を三角にして耐えていました。

数分後、50mほども引きずられるうちに次第と冷静になって・・・

  「なぜ走らない?コイじゃないよな。」

やがて浮いてきました。

  「なんだ?赤いぞ!!」

  「赤い斑点がいっぱいある?大イワナか!?」


そいつは釣友が差し出したネットになんとかギリギリ収まりました。
釣友とネットを覗きこむと「なんだこれ?」

銀色の魚体。いかつい顔。白い縁取りの赤い斑点・・・。

  「ブラウンだ!!」

なんと茶色がほぼ銀毛してしまった銀色のブラウンでした。
さっきまで震えていた足が急速に力を取り戻しました。

  「なあんだ・・・でもなぜブラウン?」

どうも昨年の鱒釣り大会で放流されたものが残っていたようです。
それにしてもブラウンを平気で放してしまう漁協もいかがなものか。
(正直ニジマスも放して欲しくないんですが。)

と言うわけで、当Blog管理人のフィールドレコード魚は、
鱒釣り大会の残り鱒「ブラウントラウト」でした。(苦笑)

コメントの投稿

非公開コメント

ブラウンとはいえ立派です!
僕のレコードは28cmの岩魚です。。2cm足りず。。2年目は頑張ります!!

ありがとうございます。
でも完全に「大ヤマメ」だと思っていたのでかなりがっかりしました。(苦笑)
来春は真剣にヤマメを追いかけようと思っています。
Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。