スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイント選択の固定観念

当Blog管理人は渓流禁漁後、シーバス&メッキを狙いに川と海に通っています。
皆さんご承知のとおりさっぱり釣れないのですが、
どうもポイント選択に対する固定観念があったようです。

「いれば釣れるいなけりゃ釣れない」のが釣りの基本中の基本なのですが、
ようするに魚がいる場所を早く見つける事が一番大事なんです。
魚がいなけりゃ技術も高価なタックルも意味がありませんね。
自分的にはポイント探索は自分の足で稼ぐというのが基本スタイルなのですが、
時にはWEB上の情報をもとに釣行することもあります。

それでどんな固定観念に縛られていたかと・・・。

メッキなんですが、河口や港湾にいることが多いようなので
そういったところばかりラン&ガンしていましたが、
どうもメッキをサーフで釣ることもかなり一般的なんですね。
サーフと言えば、シーバス・ヒラメ・マゴチがルアーで狙う代表選手ですが、
大きなルアーを遠投して・・・というイメージだったので、
サーフでウルトラライトアクションのロッドで5センチミノーを投げる!
なんてまったく頭にありませんでした。
かなり波打ち際までメッキがベイトを追ってくるそうです。

最近かなり釣れているようです。今週末、また行けるかなあ。。。

コメントの投稿

非公開コメント

人間の固定観念でなく、サカナの気持ちになれれば、もっと腕が上達するのだろうな~と
常々思っております。まだまだ理想にはほど遠いですが・・・
いつも持つように心がけておりますのは、ポイントに対する「スケベ心」。
「こんなところにきれいなおネエさんがいたか~」とか。(笑

107さん。ようこそです。
そしてコメントありがとうございます。
遅レスですみません。今、出張から帰ってきました~。
 >サカナの気持ち
そうなんですよね。さらにサカナの目線も想像しながら釣ってます。
目線って言うとわかりにくいですがサカナが見ている風景を想像するって感じでしょうか。
「この岩陰なら鳥からも見つからないよな。」
「きっとあそこからエサが流れてくるはず・・・。」
ところで、フライ・ルアー問わず、渓流で釣りをする人は、渓魚を「おねえちゃん」にたとえる人が多いですねえ。
なんでですかね?(笑)

> 渓流で釣りをする人は、渓魚を「おねえちゃん」にたとえる人が多い
(爆)そういえばそうですね。
きれいに言うと、サカナが美しいから、美しい女性に例える、と。
ざっくばらんに言うと、スケベが多い、と。
あるいは、渓流の釣りはポイントを次々に攻めていく釣りですから、そういう例えが分かりやすい、みたいなこともあるかもしれませんね。
どうなんでしょうね。(笑

>ポイントを次々に攻めていく釣りですから
なるほど!そう考えれば良さそうですね。
普通攻めないような意外なところが「良かったり」するし・・・。
あれっ?ちょっと脱線。(爆)
Recent Entries
New Comment
Categories
Fishing Blog Links
Archives
ブログ内検索
RSSフィード
Profile

JIMO

 管理人名 JIMO

北海道在住。
趣味はルアーフィッシング!!
でした(過去形)。最近はぜんぜんやってません・・・。
ジョギングに挑戦中。山歩きはちょっとお休み。
熱帯魚を飼ってます。「進撃の巨人」にハマってます。
ラーメンの食べ歩きが好きになりました。
現在、かみさんと二人暮らしです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。